2006 年 1 月

技術

2006 年 1 月 31 日

銀座のとあるビル内銀座のとあるビル内こんな写真を載せて「技術」と言うと、偽装マンションを思い浮かべるでしょうがそれは全く関係がありません。実は昨日古くからの友人(先輩ではありますが)の絵のグループ展のオープニングに行ってきました。三十数年のお付き合いですがこの人に会うまでは私はファッションのデザイナーと言う人たちの技術について何も知りませんでした。車のデザインをするなり、建築のデザインをするなり、あるいはパッケージのデザイン、ボトルのデザイン、椅子、家具、器、ともかくありとあるデザイン作品の発案者であるデザイナーはみんな仕上がりに至る詳細な図面を書き起こしますね。その上でモデルやレプリカを作成してそれを元に、それぞれ専門の加工業者の手で具体化される。そしてその具体的な形になったものが我々の前に現れる。

ですからファッションショーなどで最後にステージ現れて美しい、あるいはそうでもない、でも華やかなモデル達に囲まれて登場するあのファッションデザイナーという人たちも自分の描いたラフスケッチから具体的な仕上げに至る設計図のようなものを描いているんだとばかり思っていました。でも、三十数年前にこのグループ展に参加されている彼女が独立してイッセーさん(三宅一生のことです)の仕事を引き受けるようになって、そのアトリエへ仕事ぶりを見せてもらいに行ったときに初めて「ファッションデザイナー」の仕事というものを知ったんです。彼女は顔のない人体模型のようなものに(トルソって言うんでしょうか)真っ白な布を様々に切ってピンで留めて洋服の形を作り出して居ました。ときどき彼女が目をやる机の上には一枚のデザイン画が置かれています。

我々の世界で言えばラフスケッチのようなものでした。イッセーさんの描いたデザイン画のコピーだそうです。私はその時初めて、パターンナーという仕事を知ったんです。つまり彼女、仮にU子さんとしましょうか、そのU子さんはパターンナーで三宅一生さんはデザイナー。「三宅さんのデザインって、そのスケッチ一枚ですか?」「そうだよ」私はびっくりしましたね。私の目から見ればU子さんのやっている仕事こそデザインだと思いました。平面に描かれた、それもかなり情緒的な一枚の絵を実際に人が着られるように三次元化していく。しかもドレープのかかり具合などスケッチの通りに再現しなければならない。そうして彼女が今布を縦にしたり横にしたり斜めにしたりしてハサミを入れてゆくと、しだいにその人形にピンで止められた布の総体が机の上のデザイン画の通りになって行く。つまり洋服を着ている女性をスケッチすれば一枚のスケッチ画が出来上がりますが、U子さんの仕事はそれを逆にたどる作業なんです。すごいことだと思いました。そうやって彼女が作った布きれの総体をバラバラにして紙に移すとそれが型紙となります。その型紙から今度は縫子さん達が洋服に仕上げてゆく。ですからパターンの善し悪しがデザインを決定してしまう、洋服デザインの作業のなかで中核に位置する仕事がパターンナーの仕事。「この業界は人を育ててこなかったから、いまだにアタシなんかが忙しいのよ」って言ってました。
でもそのU子さんがイッセーさんとやった仕事の中で一番むつかしかったのは、実は洋服ではなくて緞帳(どんちょう)、あの劇場のステージからぶら下がっている豪華な幕のことですが、それが一番難しかったそうです。フランスのルーブル美術館の脇に国立劇場があるんですって? 私は行ったことがないので知らないんですが、そのルーブルの大改修の時にその劇場の緞帳のデザインがイッセーさんに来た。で、イッセーさんはスケッチを描いた。それをU子さんはパターンにおこした。そして模型もできた。劇場側のOKも出た。さあ、実物、というところで大問題がおきたそうなんです。この緞帳の見せ所はその高い高い天井から美しいドレープを描くところにあります。天井の高さは忘れてしまいましたが日本でよくある舞台の数倍ほどの高さだそうです。これだけ高く、つまり緞帳の方から言えば長い布になると、布自身の重さで下へ強く引っ張られるような形になって、模型ではきれいなドレープが再現できていたものが、実物になると、ただ、だだっ広い布がすとんと上からぶら下がっているだけになってしまう。「あのときの、ドレープの再現が私がやった仕事のなかでは一番むずかしかったね」とU子さん言ってました。
そのU子さんのグループ展に行って、銀座の真ん中のビルの三階の画廊からトイレに行きたくなってひとつ上の階へ行ったらそこが空き家になっていたんです。古いビルなので備品が取れてしまうと廃墟のようになっています。そこでひとつ写真を撮ったのが上の二枚。ですから話しとはなんのつながりもないのですが、U子さんつながりということで。
明日から二月です。もすぐ節分、そして立春。今年は春が待ち遠しいですね。

久方ぶりに人形町の猫

2006 年 1 月 26 日

猫猫猫猫昨晩のことです。例によって体内のアルコール洗浄がすんで帰宅しましたところ、お向かいの植栽に親分がひとりで居ます。「おやぶん」と声をかけたんですが、私を一瞥しただけでじっと向こうを見ています。今忙しいんだ、ってな様子です。このお向かいさん達は猫嫌い派、反対側は猫養護派。ま、理由は色々あるんでしょうが、この親分なんかが植木の土に糞をしたりしているのを見ましたから、おこるのも無理からぬことではありますが、そもそも下町のこういう植栽はそれが下町らしい雰囲気を作ってはいるんですが、細かいことを言えば道路占有許可をとらなければいけないしろもの。特別、道を歩く人から苦情でもおきない限りお目こぼしで許されているんでしょうから、そこへ猫が糞をしようがおしっこをかけようが、文句の言えた筋合いではないんですが、そこはそれ違法行為で得たものでも皆さん自分のものだという意識がありますから面倒です。
親分がじっと見ていた先からのらくろ2が現れまして、普通に親分の脇をすり抜けていこうとしました。所が親分の方はずっと前からのらくろ2に秋波を送っていましたから自分の下を通りかかったときにもの凄いオーラだか気合いだかをのらくろ2に送りました。すると、のらくろ2がピタッと止まって金縛り状態。親分の眼光は鋭い、光ってます(って、これはカメラのストロボの眼底反射なんですけど)。で、この形のまま両者とも動けなくなって数分。やがて「ああ~ご」「んん~ご」という例の赤ん坊が泣くような声を互いに発しまして、恋の前触れなのか、ガンの飛ばし合いなのかわからない唸り合いを暫く続けていたんですが、5分ほどして両者のすくみ合いはやがてほどけていって、下の写真のようにようようのらくろ2の前足がわずかに動いたのをきっかけに、何事もなかったように両者ははなれてゆきました。
いったい何だったのか、猫ならぬ私にはこの時のお二人の様子は意味がわかりませんが、なにか深いわけがあるんでしょうね。ナカタさんに訊けばわかるかも知れません(この意味がわからない方は村上春樹の「海辺のカフカ」をご覧下さい)。
まあ、そんなわけで夜中の寒空に猫観察をしていましたらすっかり身体が冷えてしまっったので、風呂に入り、ビールを飲んで蒲団に入りました。テレビもホリエモンばかりですっかり姉歯はどこかへとんでしまいましたし、マスコミは昨日までさんざん持ち上げていたホリエモンを今度は急転直下こきおろすし、なんだかこの頃のテレビは下品ですねえ。私の周りにもホリエモン信奉者はいましたが、私が彼に「金、カネ、かねばかりで夢も希望もないじゃない」と言ったときに、「いやそうとも思わない」と言った私より相当年長の出版社社長がいたのには驚きでしたが、まあ結果はこんなことで、まさかここまでは予想してはいませんでしたが。人間右手にそろばん、左手に電卓、心に欲望を抱くと末路は大概知れています。親しい女友達が昔こんなことを言ったことがあります。「悪は栄え、悪い奴ほどよく眠るが、正義は必ず勝つ!」と、名文でしょ。私もそれを信じてまじめに正業に励むことにします。そうして夜にささやかな楽しみであるアルコールを頂きます。
例によって猫からとんでもないところへ話が飛びましたが、まあ脈絡がないのがわたし流でして、ご勘弁を願います。これからシコシコ画像の後処理です。翻訳本の表紙デザインもやらなくちゃならないんで滅入ります。この頃表紙に写真を使う場合、デザインもいっしょに依頼されることがあります。こっちもその方が写真がかわいそうないじられ方をしないので受けてしまいますが、もともとデザインは素人なんで苦労します。デザインの仕事をしているとデザイナーは偉いなあ、なんて感想を持つんです。何でもやってみないとわからないわたしです。

法華の寒参り

2006 年 1 月 23 日

法華の寒参り

撮影から戻って後処理をしていると、表が馬鹿にやかましい。「でんつく、でん、でん」と団扇太鼓をならしながら通る音が相当大きいので出てみるとあんのじょう法華衆の寒参り行列。昔は物事を夢中になってやっているありさまを「法華の凝り固まり」なんて形容をしたもんですが今じゃほとんど死語。法華衆が団扇太鼓片手に打ち鳴らしながら通るのも珍しくなってしまいましたが、そう言えば人形町に法華の本山らしきものがあったんでした。私のフットワークが悪いもんですから、あとを追いかけたんですが、一列に並んで「ナンミョウホウレンゲーキョ」といった写真は撮れなくて、「ああ皆さんお疲れさんでした」というリーダー(ほんとはなんて言うんでしょう?)の挨拶のあとしか撮れませんでした。残念! 思えばニュース、首になる頃にもこんなことがありました。
取材帰りのジープの中でのんびり帰社中、突然モトローラが叫びました。「2号車、今どこだ!?」デスクの声です。普段落ち着いていて有能な官吏みたいな、およそブンヤらしくないデスクの声がうわずっています。「蒲田です」ドライバーが無線に答えています。「カザマ、フィルムあるか!」アチャ、こういうときに限ってこうなんだから。暇ネタの取材でしたから1缶(100フィート)あれば充分な取材に一応なにがあるかわからいので2缶は持って出たんですが、つい調子に乗って暇ネタに200フィート回してしまっていたんです。「すいません、端尺(はじゃく)が少し、でもパチカメ持ってますが」デスクは暫く沈黙して、「良しパチカメでいいから羽田へ行け。報駐(報道駐車場の略)からB滑走路!」「なんですか?」「ハイジャック!」車内は急に緊迫します。私がムービー取材できないので、デスクはすぐに別にカメラを送ることを考えたんでしょうが、市ヶ谷から羽田はどうしても時間がかかります。蒲田にいる私が早いに決まっています。スティル写真でも無いよりは良い。一報には写真でも良い。デスクはわずかの沈黙の間にそう考えたんでしょうね。それで我々はといってもドライバーと私だけですけど。羽田へ。報駐一番乗りです。でも報道駐車場から羽田のB滑走路は距離があります。B滑走路は一番端、もう海ですから。1キロぐらいあるんでしょうか、そんなにはないか、まあとにかく遠いんです。脚立担いでカメラぶら下げて走りに走ってやっとB滑走路に着いたときはナント三着。日テレと毎日新聞が笑っています。既に空港警察によってテープが張られていました。タラップまでの距離100メーター以上。私のカメラには28mm、ポケットには50mm、とてもこの距離でタラップ下りてくる乗客の顔は判別できない。その時何となく乗客が解放されるような気がしたんです。で、協定破り。その場を離れて飛行機の後ろに回り、人がいないのをさいわいに飛行機の下をくぐってタラップ下へ。私を見とがめて警察官が、あれっ、という顔をして「もうしょうがないから、絶対にフラッシュたかないで下さいね!」つまりここまで来てしまったからにはもうしょうがない、今更タラップ下でやり合っているわけにはいかない、取材は許可するけど、犯人を刺激するフラッシュだけはたくな、ということです。タラップを下りてくる人質の皆さんを撮影することができました。私は意気揚々、社に帰って現像室へ現像依頼。上がったフィルムを持ってデスクの所へ。始めは勢い込んでいたデスクの顔が曇り、「つかえないな」の一言で終わり。そばで見ていた今日の担当でない撮影デスクが、落ち込んでいる私に「いいよ、いいよ」と一言。この人は根っからのブンヤ魂を持った人。でも組織の中では私の写真をにべもなく、協定破って撮った写真なんかに意味はない、といった方のデスクが有能なんだそうで、どうも組織はこういうふうに動くらしいことを学びました。でも、私の協定破りグセはいまだに直りません。羽田方面の取材だからとデスクに羽田腕章借りてでたことは もちろん誉めて貰えませんでした。

ベンツ

などという埒もないことを思い出して引き返す途中、ドイツの高級車のエンブレムがぐにゃり。え、あのくらいの雪で…… ちょっとおどろきです。

ちょっと中途半端な本日の日記でした。すみません時間がないので、もうちょっとで飲みに行く時間なんです。

激しいスポーツには

2006 年 1 月 21 日

めがねナントカ撮影も無事に終わりましたので、また張り切ってホームページに向かおうと思います。とは言ってもこの二週間で撮ったカット数は350カット、この後処理を考えるとうんざりしますが、暇なときのつらさを思い出しながら頑張るつもりでおります。が、喉もとを過ぎないうちに何でも忘れてしまう私のことですから、自分のことながらちょっと心配。でも、そんなさなかにも呑んでいます。昨日はデザイナーのNさんと。Nさんと私と共通の知人にSさんがいます。ゴルフ場の設計者。英国の名門コース、セントアンドリュースの会員、それがどんなに大層なことなのかゴルフをやらない私には良く理解できないのですが、どうも大変なことらしいのです。彼のゴルフの腕前はシングル、でも私の周囲にはシングルという人が何人かいるのでそんなに私は驚かない。第一シングルがどの位大変なことなのかがわからない。プロは10アンダーとか、20アンダーとかいってるのに、なんて思ったりします。何でもプロとアマは桁違いに実力が違うものですが、昔聞いたはなしでプロとアマの力が一番離れているのは相撲だということを聞いたことがあります。なるほどそんなものかなと思ったことがありますが、さしずめプロとアマが一番近いのは風景写真の分野かも知れませんね。ほとんど見分けがつかない。カメラを持つと危険と安全の境目が見えなくなってしまうのがプロで、どんなときにも冷静に危険を判断して帰ってくるのがアマチュア。これも昔聞いたはなしですが、長谷川恒夫というクライマーがいたんです。その人が長谷川モデルという登山靴を拵えました。その宣伝に少し関わってお手伝いをしたんですがその時に長谷川さんが言った言葉。「新聞なんかでよく登山で遭難者がでると、批評家がしたり顔で『引き返す勇気を持って欲しかった』なんて言ってるけど、この一歩を踏み出したら死ぬかも知れないな、と思ったときにその一歩を踏み出せる者が一流の登山家になれるんだよ!」と言ってました。ですから登山家はみな死ぬ運命にあるのでしょう。いまだに生きているラインホルトメスナーは奇跡なんだと思います。
で、話しを元に戻しますとそのセントアンドリュース会員のSさんは今ロシアにいるのです。彼はスキンヘッドなんです。ロシアでマイナス67度を記録したとかモスクワは連日マイナス二十度だとかいうニュースを聞きますと、生きてるのかな、なんて思いますがまあナントカ生きているそうなんです。今日電話をしたら元気だったとデザイナーのNさんが言ってました。そんな話しをしているNさんの眼鏡のテンプルに変なものが付いているのを見つけて「それなんですか?」「ああ、これね、すべりどめ」「ちょっと写真撮らせて下さい」の結果がこの写真です。

すごくシンプルで簡便なものですがこれが非常にいいんだそうです。Nさんはテニスをするんですがこれがあると眼鏡がずれないそうなんです。「どこでも眼鏡屋に行けば売ってるよ」と言ってましたが、うちの周りでは売ってない。ネットで探したんですけど、名前がわからないので中々ヒットしない。おもしろいものをご紹介しようと思って写真を撮ったんですが結局、例によって横道、与太話に力が入ってしまって、肝心な方がお粗末な報告になりましたが、まあこんなものがある、と言うことでご勘弁を願います。

東京の空

2006 年 1 月 18 日

下町の空

本題に入る前にちょっとメールをご紹介します。このホームページにもたびたびメールを頂き、かつ趣味はおいしいものを拵えて人に配って歩くというきとくなAWZさんからのものです。

2日前の金曜の夜に一樹が捻挫したと電話が入り、歩けないほどの重傷で試合は無理と言ってきたんだ。
試合当日に麻酔の注射をして痛みが楽になったので、監督に出ると言ったら出ろと言われたらしい。
だけど、試合開始前くらいから麻酔が切れて痛みが増してきたけど試合が始まったら痛みは忘れてしまったらしい。アドレナリンがいっぱい出てたんだろうね。

これだけだと何がなんだかわからないでしょうからちょっと説明しますと、「一樹」と固有名詞のでているのはAWZさんの妹さんのお子さんで原一樹くん。ここでわかった人は相当サッカー好きですね。そう先日の日曜日にあった全日本大学サッカー選手権の優勝決定戦、駒澤大学vs順天堂大学で勝った駒沢のエースストライカー原一樹くんです。前半ゼロゼロ、後半駒大は退場者を出して一人少なくなってから俄然本調子。そこでワンゴール、ワンアシスト、駒大の全得点にからむ大活躍でしたが、その一樹君にじつはこんな裏話があったということ。今年もお正月にひとのお子さんで大興奮、大感激。4年前3年前にもこの一樹君とやはり友達のお子さんの小川佳純くんが市立船橋高校の三年生で、全日本高校サーカー選手権の優勝決定戦にあの平山相多率いる国見に国立で1:0で勝って優勝しました。その時の決勝ゴールが小川佳純くん。この時の国見市船にはカレンロバートも二年生でいたんですから、それはもう大興奮しました。その後小川君は明治大学へ進み原君は駒澤大学へ進学。二人とも大学でも大活躍です。小川君は二部の明治を一部に引き上げ原君はこの活躍。なんだかお正月はひとのお子さんの活躍でおいしいお酒が飲めるようで実にめでたいのです。で、何が言いたいのかというと、この写真近頃やたら忙しくなってきた風間が、撮影のために車を取りに行く途中、清洲橋の上で出会った光景。車を取りに行くって、車は不通自宅の駐車場にあるんじゃないの、と不思議に思われるでしょうが、その辺はまた別にご説明します。ともかく、車を取りに行く途中、上流(南西方向)北東がこの様に晴れ下流が右のような案配。昨年もこんな写真を撮りましたから、年に何回かはある景色らしいのですがでも不思議。清洲橋は「馬の背を分ける」お天気の馬の背にあたる場所なんでしょうか。
つまり、原君もそうですがピンチの時にあきらめないと幸運が舞い降りてくるということを学んだのです。そういうのって、大概スポーツ選手が教えてくれます。自分のことだけやっているのにひとに勇気を与えたり、感動させたりするっていうのはいいもんですねえ。この写真だって上流が晴れたいるんですからじきにこの曇り空も、晴れ渡ってくるんでしょう。この日の撮影も順調に終わりました。一週間で250カット(最終的には350カット)も撮影するのはバブル全開の頃以来です。周りでも何となくいいような話しを聞きますし。皆さんもう一頑張り耐えてみましょう。晴れる日は近いかも。実際はこのあとお天気下り坂。

下町の空

カナダからこんな便りが

2006 年 1 月 14 日
樹氷

Copyright Mrs. Nosal CANADA 2006

樹氷

Copyright Mrs. Nosal CANADA 2006

暮れにカナダからこんな写真を貼付したメールが届きました。ナント庭で樹氷が見られるそうです。寒ければ寒いなりに自然は美しいものをプレゼントしてくれますね。このメールが届いたときにはまだ日本海側の豪雪被害がそれほどでもない頃だったので、すなおにきれいだなあ、と思ってスクリーンセーバーに使わせてもらいました。それまで十年以上使っていたスクリーンセーバーはアンセルアダムスだったんですから、これは私がどの位感動したかおわかりでしょう。ところが数日して秋山郷や新潟の豪雪被害が続々報道されるのを見まして、中々美しいとばかりもいってられないなあ、と思ったしだいです。この写真を送ってもらったときにすぐホームページで紹介しようと思っていながら、身辺のくだらないことを書き連ねている間に日がたってしまいました。「雪はもういいよ!」と叱られそうですが、やっぱりきれいなのでご紹介します。カメラはサイバーショットとか聴きましたが確かなことはわかりません。

話は変わりますが、昨日正式に決まったことですが今年10月3日から10月15日まで青山のアートスペース瑠璃で個展を開催します。例によってポラロイド転写ですが新規に制作します。アートエマルジョンで自作のゼラチンシルバーに8x10のカラー転写、オリジナルとそれの大伸ばしをアルシュに刷り出したものを併展します。今年に入って長い不況から脱却したような仕事の動きぶりに併せて、作品制作が重なり、年の前半は忙しくなりそうです。こうなってみればPARCOの展覧会がオジャンになったのは却って良かったのか。重なっていたらこなしきれなかったかも知れません。うーん、でもやりたかったかな。ちょっと残念。そんなわけでして、また刷り物などができましたら改めてお知らせします。