2005 年 1 月

キムチが届いた

2005 年 1 月 15 日

インドの結婚式のところでご紹介したY子さんのご主人Aさん、じつは粟津さんといいます。この人が趣味人で、しかもいい道楽なんです。カスピ海ヨーグルトから始まって薫製やらキムチやら食べ物を作ってはあちこちへ配って歩きます。親切というよりは自慢なんでしょうが、自慢されても仕方がないようなおいしさです。こういうの玄人はだしっていうんでしょうね。(誉めとくとまたなにかつくって貰えそうですから)お昼頃に品川から人形町へわざわざ届けていただいたので、お昼は急遽ラーメンから変更(何だかラーメンばかり食べてるみたいですが)してご飯を炊くことにしました。

ベーコンと塩辛もいただきました。それに納豆を加えて、玉ネギとジャガイモのおみおつけをつくって、豪華な昼食のできあがりです。
余談ですがこのごろおみおつけと言うと通じないことがあります。みそ汁という言い方にちょっと抵抗があります。ましてや「みそ汁の実、なんにする?」なんて言うのも。やっぱり「おつけの実は?」と言われた方がきれいですよね。

お手製ベーコン

お手製キムチ

お手製塩から

で、ともかくこんな具合で思いもよらない素敵なお昼になりました。左上にあるのは豚足をキムチの素で煮込んだものです。コラーゲンたっぷり。何で料理できるのかってよく聞かれますけど、たいがい商品撮影するカメラマンは料理好きです。昔は今のようにフードコーディネーターなんて人はいなかったしビールの撮影に小道具のおつまみをカメラマンが作ったりしていたんですから。もっともあんまりいい仕事してないからかもしれませんが、なんて言うとこの年まで生かして下さったスポンサー様に申し訳ないんですけど。今気がつきましたけど、この写真ボツですね。配置とかバックがきたないとかは、おなかが空いて急いでいたんで許して貰うことにしても、箸置きの無いのがどうも、ですね。「腹へってたんだ」と言うことにして、本日は店じまいといたします。粟津さん本当にごちそうさまでした。

最近土鍋でご飯炊きます。すっかり慣れました。

たいめい軒

2005 年 1 月 12 日

銀座に出ました。銀座にラボ(現像所)があるので出かけたんですが、ということはフィルム撮影をしたわけです。4x5で、4カット。スゴーイ久しぶりです。テストが二時半に上がるので、その間に日本橋まで歩いてたいめい軒にいきました。はじめはあてもなく歩いていたんですがだんだん吸い寄せられるようにここへ来ちゃいました。ここのラーメン好きなんです。「ラーメン大盛りと、キャベツ下さい」というのが私の定番。私が中学のころはたいめい軒にラーメンはなかったと思いますから、いつ頃から始めたんだろう? キャベツというのはたいめい軒特性コールスロー、これが50円。家庭でも作れます。レシピはここ。これがラーメンとよくあうんです。

たいめい軒

たいめい軒

このお化けのような大きな寸胴鍋にむこうで料理している人たちが、さばいたエビの頭やら野菜のしっぽやら、何でもかんでも放り込みます。まるでゴミ箱みたいに。だからとってもおいしいスープができあがるんです。これはラーメン専門店ではマネが出来ませんね。茂出木さんという人(たいめい軒のだんな)はなかなかの知恵者です。そしてラーメンだけの人は表玄関から入らずにこの裏口に廻って立ち食いです。中学生のころはたいめい軒には来ませんでした。たいがい丸善の屋上で、三人でハヤシライス一杯。それも月に一回ぐらいいけたかなあ。小遣いなんて貰ってなかったから、きっと誰か三人のなかに篤志家がいたんでしょうね。

屋台のラーメン屋さん

2005 年 1 月 11 日

夜中の人形町。すでに12日になっています。午前1時過ぎ。ラーメンを食べに出ました。この屋台、もうこの場所に40年も出ています。競馬好きの親父とその弟分で20年ほど、弟分は独立して竜泉に店を構え、以来親父一人で10年ほど頑張っていましたが年をとって辛くなったのか、今のお兄ちゃんを頼んで交代で10年程。地域に受け入れられた屋台なんです。店を出している前の商店が昔から水道の使用を許していますから、水はふんだんに使える屋台です。猫も集まってきます、お客さんのチャーシュウがお目当てで。その親父は現在入院中。付近に夜中までやるラーメン屋さんや牛丼店が出来て売り上げは激減だそうです。
何だか侘びしい感じがしてきます。こうして情緒が消えて、時代が新しくなってゆくんですね。諸行無常、を感じます。
お兄ちゃんは写真が苦手なので屋台の影に。

人形町の名物ラーメン屋台

インドの結婚式

2005 年 1 月 10 日

私の友人に貴正君という中学生がいます。ずいぶん若い友人ですが、その彼がシタール奏者なのです。(本人から注意がありました、現在シタールは休憩中だそうです。ことし受験だしなア。ビートルズにこっているとも聞いたし)Amit Royという現在最強のシタール奏者のお弟子なのですが、今日はその若いシタール奏者の話ではなくて、インドの結婚式をご紹介しようと思います。やはり友人のAさん、その奥さんのY子さんから「うちの人がこのごろキムチ作りにこっているから、近々キムチが届くと思う」というメールをいただきました。この中の「うちの人」という言い方に感動したわけではないんですが、マちょっといいなあとは思いましたけど、またキムチに感動したわけでもなく(まだ食べてないんですから…)そのメールに添付されてきた写真が気に入って、皆さんにご披露しようと思ったわけです。
ただ私の写真ではないので、しかもY子さんの許諾だけで原著作者の許可もなく、ましてやモデルリリースも取れていませんので、くれぐれも見るだけにして下さい。もし何かにお使いになりたいという出版関係者、広告関係者の方がいらっしゃれば、私がご紹介の労はとります。

インドの結婚式

インドの結婚式

インドの結婚式

インドの結婚式

で、ようやくこの写真がアップされることになりました。ネ、いいでしょ、この写真達! きらびやかで、ほのぼのとして、暖かくて、優しくて。写真の究極は、家族のアルバムだって言うのは本当ですね。実際この写真を見て参ってしまいました。「芸術写真」なんか作っている気になっちゃ駄目ですね。正月早々がつんとやられてしまいました。でもいい気分です。
一番上の写真が、花婿と花嫁、だと思います。ご想像の通り、花婿は日本人。
でも、いいなあ、この写真。

ふれ太鼓

2005 年 1 月 7 日

これ誰だか分かります?

松尾芭蕉像
芭蕉翁なのです。この彫刻の出来はともかくとして、この芭蕉翁午前と午後で川の上流へ向いたり下流へ向いたりします。凄いアイデアなのか、くだらない冗談なのか、判断は皆様にお譲りするとして、その脇にあるのが芭蕉稲荷大明神! スゴ!

芭蕉稲荷

でさらにその斜向かいにあるのが正木稲荷。
これはおでき稲荷、おできの神様なんです。ここへ来ればたちどころにおできができるのか、取れるのか。

おでき稲荷

[補足]さらにそこから、の前にここはどこだ?というお叱りをいただきました。

ここは明治座の方から清洲橋を渡って最初の信号を左へ、万年橋が見えますからそれを渡ったらまたすぐに左へ入ると芭蕉稲荷大明神がイヤでも目に飛び込んできます。

で、さらにそこから五分ほど歩くと、有名な深川飯屋。
こんなことを言うと叱られますが、深川飯なんてものはわざわざ外でいただくようなものじゃないんです。むき身のアサリをしこたま買ってきて、酒と醤油と砂糖でびちゃびちゃに煮て、そこへネギと刻みショウガを放り込んで、ホカホカの白米の上にブア~っとかけてかっ込むもので、アサリの数が勘定できるほどの上品なのっけ方では喰った気がしないものなんです。炒り卵や湯豆腐と同じで、料理とは呼べないようなものを、近ごろはみんなありがたがって食べる。いい世の中になったのか、みんなしゃれが分かるようになったのか、あるいは……ハハ。

と、悪口を言っていたら、外で触れ太鼓。

ふれ太鼓
あわてて出て行ったんですがこのあたりには「谷町」一軒。もう後ろ向きに帰るところでした。ゴメンナサイ。でもさすがに下町でしょ。触れ太鼓が廻ってくるんですから。

ところで、下町ってどこまでなんでしょう? このごろは「寅さん」の影響で柴又あたりも下町って言ってますけど、柴又は本来は「在」でしょう。下町ってのは朱引きの中を言うんじゃないんでしょうか? このあたり、詳しい方教えて下さい。

最後に右側の半被三人、ブレたのをごまかすためにアンシャープをかけすぎたらこんなになってしまいました。反省。

ふれ太鼓

松飾り

2005 年 1 月 1 日

新年明けましておめでとうございます。
大晦日にちょっと近所を廻って門松採集をしてきました。こうしてみると色々あるもんです。流派でもあるんでしょうか?

最後は我が家のお飾りでした。

松飾り松飾り松飾り

松飾り松飾り松飾り

松飾り
松飾り松飾り松飾り