‘病気’

なんか色々

2019 年 5 月 4 日

猫

 

何年か前にも書きましたが、私のスタジオの周りをテリトリーにしている猫が多いときには11匹居たんです。

ただ、生き物ですからゴミを漁って収集袋を破いたり、排泄をしたりと生き物の摂理で色々あります。

それを嫌う町内の人の要請で、すべての猫に避妊手術をしました。

費用は役所が出して、トラップは町会の有志が行うことでそれは終わりました。

ことは猫に関してですが、こういうことは私に「優生保護法」なんて法律を思い出させます。

あちこちうんちをしたり、ゴミ袋を漁ったり、いかにも野良猫は悪者然としていますが、生きていく上でそれは仕方がないことなのです。

悪いのは猫ではなく、内猫を飼えなくなったからといって、外へ放り出した人間が悪いのです。

ヤンバルクイナを絶滅に追い込んでいるのも猫が悪いのではなく猫を天然記念物の生息しているところへ放り出した人間が悪いのです。

ですから、悪いやつを取り締まるのなら猫ではなく猫を捨てた人間を取り締まらなくては。

殺処分するなら、猫を放した飼い主を殺処分しなければ、、、

ま、そんなわけには行かないので、猫にとばっちりが行くわけですね。

スタジオ周りの11匹の猫は今この一匹だけになりました。

それもここ四、五日水も飲みに来ていなかったのですが、今朝久しぶりに姿を見せましたが、毛並みが荒れて元気がなく、水も覗き込むだけで飲もうとしません。

猫エイズが流行ったとこきもそうでしたが、こういう猫を医者に連れて行く有志がいるのですが、このキジトラだけは人に体を触らせません。

したがって医者にもかからず、自らの治癒力で困難を乗り切ろうとしています。

果たしてどうなることか。

偶然のことですが、時を同じくして私にも異変が起きました。

もう40年以上、一日たりとも抜いたことのないアルコールを既に10日ほども摂取していません。

禁酒とか断酒とか、意志によってアルコールを遠ざけたわけではなく、ごく自然に飲まなくなりました。

欲しくもないのです。

体調が悪くて飲めないというのでもありません。

アルコールの方から私を遠ざけるように離れていったのです。

不思議な事があるものです。

なんか、色々ありますが、無理なく生きていることだけは確かです。

白内障

2018 年 4 月 5 日

白内障 手術後

今月の3日に右目、24日に左目の白内障の手術をします。

写真は右目の手術直後です。

私はファインダーを覗くのはほとんどの方と同じ右目でしたが、数年前から右目ではピントの確認ができなくなっていました。仕方なく左目で合わせていたんですが、それも徐々に怪しくなって、最近ではピントの確認を自分の目では出来ない状態で写真を撮っていました。

それでなんの問題も起きなかったのはひとえに機材の進歩に依る所大でした。

ところが、問題ないと思っていたのは撮影に関してだけで、納品には大いに問題が有ったようです。

それは、明るさと色の問題。

手術後見え方が落ち着くまでに二タ月ほどはみたほうがいいと眼科医からは言われましたが、取り敢えず術後に感じたことを報告しますと、まずは明るさが1/4絞りくらい明るく見えるようになりました。

今の時点で右目で見るのと左目で見るのとではその位見え方に差があります。

あと色被りもあります。

術前と術後で、CCフィルターで0.25から0.5Y位違います。

術前の左目に比べて術後の右目で見ると世界が青く見えます。

これだけイエローカブリで納品出来ていたのはフィルム時代なら考えられないことです。

デジタルならその程度の色カブリはデザイナー側で簡単に直せるから問題にならなかったのであって、フィルム時代なら再撮かラボにデュープで色直しを頼まなければ納品はできなかったでしょう。

ありがたいのかぬるいのか、そのあたりは考え方次第ですが、ご同輩諸氏に私の体験上から注意喚起です。

あなたが今見ている明るさと色は狂っている可能性があります。

白内障の検査をおすすめします。

あえて写真の色カブリはそのままにしました。

 

 

胃癌を撲滅

2017 年 6 月 23 日

第23回日本ヘリコバクター学会学術集会

第23回日本ヘリコバクター学会学術集会での胃がんを撲滅する会のポスターにWater Dropsの写真を提供しました。

ピロリ菌は水からも感染するそうで、水つながりで写真の使用依頼を受けました。

私は母を胃癌で亡くしているので、こんなことでガン撲滅のお役に立てるならと喜んで提供しました。

元々、学術、文化振興の為の印刷物に写真を提供するのは基本ボランティアで行っております。

ただしその団体が政治と宗教に関わりのない場合に限ってですけど。

学会で論文発表される医学者は皆さんパワーポイントを自由自在に扱われるので、このくらいのポスターは外部発注せずに自分たちで制作してしまうようです。

日にちと場所はおってお知らせします。

急性緑内障発作の顛末、最終章

2015 年 7 月 24 日
淡路町

淡路町界隈

昨日、眼科病院へ行って、術後の最終検査を受けてきました。

眼科専門医某女史 「目薬残ってますか」
患者A(私) 「はい、まだいくらか」
眼科専門医某女史 「じゃあ、それを使いきって下さい」
患者A(私) 「はい」
眼科専門医某女史 「ではこれで、、、」
患者A(私) 「大変お世話になりました」
眼科専門医某女史、わずかに微笑む。

終わりです。

あっさりしてるでしょう。

でもこれが全てです。

ん、なわけで、無事、急性緑内障発作を起こしても、そこをスルーできる目玉になりました。

ご心配いただいた方々、特にOさん、Kさん、そしてIさん、こんな私を御心配いただき、本当に感謝にたえません。

みなさんありがとうございましたあ〜〜〜〜〜 m(_ _)m

 

急性緑内障発作その4

2015 年 7 月 16 日

千葉の白子海岸とその付近の田んぼです。

稲にはまだ穂がついていませんね。

さて、昨日先週にひき続いて、今度は左目へレーザーを照射しました。

前回に比べて、今回はかなりの痛みがありました。

一発目の照射で痛みを感じると、その後の照射に恐怖感が発生して、術後にはわずかに吐き気までする始末。

まあそれでも、両目の手術は無事に終わり、来週最終検査をして今回の治療は終了ということになるのだと思います。

そうなれば、急な体調の変化や感情の高ぶりで眼圧が上がったとしても、破裂して全盲という最悪の事態は避けられるはずです。

あと白内障がわずかにあるそうですが、それはまだまだ手術が必要な段階ではないとのこと。

私は白内障手術をしないで天寿をまっとうするつもりでいます。

そんなわけで、ご心配を頂いた方々には深くお礼を申し上げます。

私はまだまだ、大丈夫です。

それと、撮影システムの変更、本気です。

すでに準備にとりかかっています。

「SONYで仕事するのかよ、本気?」と言われそうですが、「光学ファインダー」を最初に捨てたカメラマンになります!

急性緑内障発作その3

2015 年 7 月 9 日

手術同意書

昨日、右目の手術をしてきました。

わたしの眼の正式な病名は「現発閉塞隅角(急性型)緑内障」というらしいです。

症状としては「浅前房緑内障発作のおそれ」があるというもの。

手術を選択する理由は「放置すると重篤な緑内障発作を引き起こすおそれがある」らしい。

で、手術は「レーザー虹彩切開術」というものでした。

具体的には右目にレーザーを20〜30発照射するというもの。
はじめは非常に眩しい光が眼に当てられた感じ、例えれば目の前でストロボを発光されたのに似ています。
わたしに照射されたレーザーがどういう種類のものか分かりませんが、何発か浴びるうちに、ルビーのマゼンタ色の補色が現れました。
撃たれる度にグリーンの光が見えました。
そのうちに今度は明確に眼底が見えてその毛細血管までもが見えました。
それを過ぎると、ただひたすらに鋭い光が浴びせかけられる感じで、時々僅かな痛みを感じて、手術は終わりました。
時間にして5〜10分ほどでした。
手術直後は右目は完全に真っ暗で何も見えません。
数分後に待合室の蛍光灯や案内表示のような発光物が見えて来ますが、濃いマゼンタのフィルターを通して見ている感じです。
やがてそれが白い壁、人影など暗いものまで見えるようになりますがその時点ではまだ見えるものはすべてマゼンタに染まっています。
やがてその「マゼンタの夜」がじょじょに明けて、黄色が混じり始め、その2色が交じり合って明るくなり、じょじょに普段通りの色に世界が戻っていきます。
この間、およそ30分程、簡単といえば、簡単。
私はほとんど痛みを感じませんでしたが、人によってはひどい痛みを伴うことがあるそうです。
そのせいかどうか、わたしにレーザー光が照射されているあいだじゅう、「Men in Black」の主人公二人がかけていたような濃いサングラスを掛けた看護師さんがずっとわたしの頭を後ろから押さえつけていました。

以上が第一回目の手術報告です。

もっと劇的な施術を期待されていた向きには、誠に平凡な結果で、ご期待に添えなかったことを、、、
陳謝する必要はないですよね。。。(^O^)