‘空、星、月、太陽’

皆既月食を見たです

2014 年 10 月 8 日

日本の物理学者がノーベル賞を貰った翌日、今度は皆既月食です。

こちらは天文学に関する知識が皆無でも誰でも見られます。

ただ、東京都中央区日本橋人形町界わいでは、ちょっと空を見上げただけでは、ビルの屋上の角にけられて、ほとんど空は見えません。

人形町近辺で一番空が広いところと言えば、隅田川。

で、向かいましたよ、川へ。

先ず、無精な人が清洲橋通りの明治座前で鑑賞、僅かに見えています。

次にもっと空を広く見たいという一歩進んで積極的な人たちは浜町公園。

さらに、「ロケーションが良くなくっちゃあ」という「美」に一家言有る人が大川端。

ま、どこで見ても月、誰が見ても月、なんですが、皆既月食に入った所で、月は雲間に。

もっと真剣に月蝕を研究している方々には極めて残念。

大川端の人々はそれでも動かず、再び月が現れるのを待つ模様。

浜町公園の人々は半分に減って、残った人たちは食事する者あり、犬同志の集まりあり、子どもは何故かはしゃいでいました。

そして明治座前には一人も人はいませんでした。

以上、怪奇月蝕模様でした。

夕焼け

2012 年 8 月 7 日
夕焼け

4S

メールで教えてもらって、あわてて外へ飛び出して、撮りました。

みごとに焼けてますねえ。

あちこちのブログに載るでしょうねえ。

空の広いところにいる方の写真も見たいですね。

なでしこ、疲れました。
心臓に悪い。

今日は男子だ。

がんばれ!

日蝕

2012 年 5 月 21 日

我々が理科で教わったときは「日蝕」でしたが、近頃は「日食」なんですね。
平野啓一郎は「日蝕」、石川達三も「金環蝕」ですよね。

で、写真は無精してiPhone4S+FUJI ND4.0でしたが、絞り切れてないみたいですが、ゴーストに金環食らしきものが、 現れています。

朝の七時半、薄い雲間越しに見えた天体ショーでした。

アインシュタインはこの皆既日食で自らの相対論を実証したんですから、天才は凄いですねえ〜。