‘コンピュータ’

プリンターの廃インクパッドが満杯になってしまった

2018 年 10 月 29 日

私の使っているプリンターはEPSONのPX-5500という奴で、相当古い機種です。

すでにメーカーのサポートも終わっています。

従って修理も受け付けてもらえません。

日本のメーカーはいつからこんな理不尽を顧客に押しつける様になったんでしょうかねえ。

売っておいて修理を断るなんて、ずいぶんだと思いませんか。

ですから今回のように、インクパッドがインクで満杯になってもそれをメーカーに送って新しいパッドに交換してももらえないんです。

つまり、もうこのプリンターを捨てて、新しいのを買う以外手はないんですが、そこは抜け道的解決法もあるんですね。

第一、私はエプソンの純正インクという物を使ったことがありません。

高いでしょう、高いものは使いたくないんです、出来が一緒なら。

純正インクだって、そのままではモニターで見ている色でプリントが出てくるわけではありませんよね。

皆さん苦労して、色合わせをしてモニターとプリントを合わせているわけですから、インクを純正にこだわる理由は品質と耐光性くらいなものでしょうが、近頃のサードパーティ製の顔料インクは安定性と耐光性は純正と何ら変わるところはありません。

要はインクを買うたびに色が変わるのが困るだけで、色の傾きはあっても、その傾きが安定していればなんの問題もないのですから。

おまけに私は主要なプリントがモノクロなので、この古いPX-5500の美しいモノクロ出力は大変貴重なのです。

でも廃インクパッドがいっぱいになってしまって、今度こそオシャカに、、、とは行かないんですねえ。

私はこの廃インクパッドの満杯対策のためだけに、ウインドウズのノートパソコンを持っています。

これにロシア人が開発した「SSC」というソフトを入れています。

このソフト、残念なことにアップルでは動かないんです。

要はこのソフトでEPSONのプリンターをハックして、廃インクのカウンターをリセットするわけです。

でもそんなことをすれば、やがて満杯になったインクが、インクパッドから溢れ出してきて、プリンター内どころか外までインクが溢れ出すのではという懸念があるのですが、ここにも抜け道的工夫が施してあります。

プリンター内に廃インクをインクパッドまで導く二本のパイプがあるんですが、それをプリンターの外に引き出して、瓶の中へ溜まるようにしてあります。

ですから半年に一度くらいこの瓶の中のインクを捨ててやれば、いいのです。

まあケチくさい話で、仕事で使うんだからじゃんじゃん新しくすればいいじゃん、という考えもあるんでしょうが、そこは古い人間なんですかねえ、もったいないことができないのですよ。

それにメーカーの理不尽なやり方にちょっと抵抗できているという気分が小気味が良いのです。

まあ、誰にもおすすめはしないんですけど。。。

そんなわけで、本日、約一年ぶりにウインドウズXPを開いて我がプリンターをハックしました。

無事にカウンターはリセットされまして、快調に動いております。

ここまで書いたからには、あまり大きな声では言えませんが、毎日起動していて未だに故障なく働いているこのエプソンのプリンター、実に優秀だと思いませんか。

「技術立国日本」の面目躍如といったところです。

長々、失礼いたしました。

出来た!

2017 年 5 月 1 日
ボタン

こんなボタンを設置しました

facebookとTwitterのシェアボタンをブログに設置しようとして、phpをいじっていたらどこをどう間違えたのかfacebookのアカウントがもう一つ出来て、しかも今のアカウントからはじき出されてしまったので、中身がみんな消えてしまいました。

焦ったあ。

しかも、ブログ上にボタンは現れないわで、けっこう青くなったんですが、無事解決しました。

一時はどうなることかと思いましたが、まあなんとか格好がつきました。

もうなんか便利なボタンやなんか出来ても、触らないことにします。

ボタンにポインター重ねると動くんですよ。

追加:トップページのボタンを外しました。タイトルをクリックするかサイドバーの記事タイトルをクリックして、それぞれの個別ページへ行くと、facebookとTwitterのボタンが現れます。

Lightroom 6.2.1不具合の対処法

2015 年 10 月 17 日

私以外に同じ現象に悩まされている方が居て、対処法を訊かれたのでここに書いておきます。

尤も、対処と言っても、6.1.1に戻すだけなんですけど。

環境はMacです。

先ず現在のLightroom 6.2.1をAppCleaner等でいったん削除します。

その際環境設定などは残します。

ついでLightroom 6を再インストール。

ここで6.1.1のアップデータをダウンロードして、Lightroom 6に当てます。

Mac / Win両方がDL出来ます。

これだけですが、α7R IIのRAW DATAが開けて、使い勝手が今までどおりに戻ります。

CC版も戻せるようですよ。

わたしはAdobeのCCには不寛容ですので使いませんが。

Softはスタンドアローンであるべきでしょ。

と、言いながら、弥生のクラウドソフトを使っているんですが、、、

久々の写真関連情報でした。

Lightroom 6.2.1 不具合

2015 年 10 月 16 日

スクリーンショット 2015-10-16 11.03.29

Lightroom6が6.2.1になりましたが、このアップデータは要注意です。

カタログに新規に読み込みを行うと、読込中は画像が見えているんですが、読み込み終了するとブラックアウトします。

7月のアップデータ6.1.1では不具合は出ていなかったので、10月アップデータは注意が必要です。

それと、6.2.1ではオープニングの絵柄も変わったばかりか、読み込みの画面も方法も大きく変わって、今までのLightroom使いには面倒くさい変更になっています。

α7R IIをお使いでLightroomに読込する方は6.1.1までにしておいた方がいいような。。。

あたしのところだけかな?

克服できた方、教えてくださいm(_ _)m

ヤフオク次点詐欺

2015 年 8 月 20 日

カメラのシステム変更を企んでいることは何度かここに書きましたが、
その過程でヤフオクも利用しておりました。
ここで、あるレンズのオークションで私が次次点となって終わったのですが、
その後下のようなメールが来ました。A

正直、これを見た時「ラッキー!」と思ったんですよ。
でもすぐに「待てよ」と我に返りました。
fromとtoが怪しいですよね。どう見ても同報メールを送っている。
また、この出品者は何故わたしのメアドを知ったんだろうか?
答えは簡単です。
ヤフオクではハンドルネームの後ろに@yahoo.ne.jpをくっつければそのハンドルネームの本人にメールが届いてしまうんですね。
で、気付きながらちょっとこれを引っ張ってみようと思いました。

A1

まあ、こんな返信をしたんですね。
そうすると、また下記のようなメールが来ました。

B

ね、丁寧でしょう。
オークションで競り合って、僅かな差で競り負けたところへこのメールでは引っかかる人もいるでしょうね。
そこで、このメールに対して私は下記のような返信を返しました。

B1

このメールの意味はですね、「自己紹介」というところにあるのです。
これは自分のオークションブースにある自己紹介欄でこれは本人でないと書き込みはできません。
仮に他人がやるとなれば、ヤフオクのサイトをハックして潜り込まないと出来ないわけです。
それほどのスキルのある人は正業でいくらでも稼げるでしょうから、こんな詐欺には手を染めないでしょう。
個人情報を先に開示しろ、というのはおまけみたいなもんです。

案の定この後、メールは途絶えました。
またヤフオクの出品者の自己紹介欄には何も書き込まれませんでした。
まあ、わたしはここで詐欺に引っかからなかったんですが、更に手の込んだ詐欺があるようなのですね。
この詐欺者は他人の出品者になりすまして、詐欺メールを送ってきましたが、これを出品者本人がやる場合があるらしいのです。

つまりヤフオクのアカウントを二つ取って、一つで出品し別の一つで落札する。
自作自演ですね。
そうしておいて次点者にメールを送る。
この場合、私がやった自己紹介欄への記述も出来るわけです。
まあ、それはこんな値段のものではやらないでしょうが高額の取引には注意が必要ですね。
ヤフーメールに来た美味しい話には乗らない方がいい。
ヤフオクのシステム上のやりとり以外は信用できません、というお話でした。

 

交換

2015 年 5 月 29 日

スタジオ

スタジオの蛍光灯をすべて直管のLEDに交換しました。

工事不要という奴で、グローを外せばそのまま点灯するタイプですが、それだと使わない安定器に電気が流れ続けることになるので、一応器具の内部を工作しました。

色温度がだいぶ上がったようで(まだ測っていませんが)モニターのキャリブレーションをやり直さないといけない感じです。

さて、一身上にいろいろ問題が生じまして、なんだかブログを続けていく熱意が急激に冷めてしまっています。

「もう、いいかな」という感じです。

ですので、急に拙ブログが閉鎖されても、それは私が死んだとか病気になったとかいうことではありませんので。

単に飽きちゃった、というふうにでも思ってくださいませ。

まだやめると決めたわけではありませんが・・・

『ハーフ、ハーフです』