‘展覧会’

素描展

2016 年 6 月 26 日

芸大

千駄木から谷中、そこから上野公園を抜けて池之端を歩いて再び千駄木まで散歩しました。

公園では恒例の炊き出し。

賛美歌歌わせられてました。

あれ抜きで、炊き出しだけできないもんでしょうか?

途中芸大で日本画の院生、教授達による素描展によって来ました。

ソフトクリームと氷いちごを道々食べながら一時間ほどの行程。

写真はその素描展の様子、人はいたんですがあえて外しました。

実に恵まれた雰囲気の会場です。

芸術家はいいなあ~。

若冲展

2016 年 5 月 7 日

上野公園

凄いんですよ。

都美館の若冲展、切符買うのに一時間、入場するのに二時間。

待ち時間ですよ、テレビで取り上げるからにわか若冲ファンが殺到してます。

若冲は過去にも大々的な展覧会は何度かありましたけど、今回の売りは「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が同時に並ぶのは今回が初めてということらしいですが、若冲は別にそれらを並べて見るように意図して描いたわけではありませんからそこにあまり意味は無いように思うのですが。。

それはさておき、上野の森はいい公園ですね。

これが都心にあるのはいいですねえ。

あ、私は見に行ったわけではありませんよ、若冲展。

若冲はやっぱり群鶏図ですよね!

恩地孝四郎展

2016 年 2 月 22 日

恩地孝四郎展

竹橋の近美で「恩地孝四郎展」を見てきました。

近美でやるのは40年ぶりだそうです。

版画250点と油絵、スケッチ、水彩、写真などで、総数400点の展示で、かなり見応えがあります。

近代美術館階段

恩地孝四郎展を見たあと常設も久しぶりに見たんですが、見せ方が大幅に変わっていて、とても見やすい展示になっていました。

外国人観光客を意識したような展示で、以前より展示数は減っていましたが、見せ方はグッド。

工芸館

で、その後ついでに。工芸館も回ってきました。

こちらは松田権六の棗(なつめ)が二点くらいが目を引いた程度。

でも久しぶりに竹橋の美術館全制覇! でした。

金子國義の写真展

2016 年 2 月 14 日

金子國義写真展

画家の、と言っていいんでしょうか? まあ私は画家と思っていたんですが、その金子國義の写真展が銀座と神保町でやっています。

銀座の方は「AKIO NAGASAWA」ギャラリーで「金子國義 写真展」神保町の方は「小宮山書店」で「金子國義 ポラロイド展」

どちらも同時期に同一モデルで撮られたものと思われます。

銀座の方は21日まで、神保町の方は28日まで。

面白いですよ。

私の感想は「絵描きだからかちょっと作りすぎてるなあ」というものでした。

比べるのも何ですが、荒木経惟のは写真家の写真で、金子國義のは絵描きの写真だなあ、という感じ。

良い悪いではないんですが、やはり違うな、と感じました。

そういう意味でも面白い展覧会です。

金子國義ポラロイド展

でその銀座から神保町へ移動して、展覧会を見終わって帰る時に神保町の地下鉄通路にネズミが一匹うずくまっておりました。

多分殺鼠剤を食べて目をやられ、明るいところへ出てきたんだと思われます。

大きかったですよ。

おじさんが一人、駅員さんに大声でねずみがいることを報告してました。

駅員さんはあたふたしていましたよ。

私はそのまま地下鉄に乗ってしまいましたが、あれからどうなったんだろう。

私はゴキブリを手で掴んだり潰したりすることは平気なんですが、ネズミは苦手なんです。

ま、どうでもいいことですけど。

地下鉄神保町のネズミ

書き忘れましたが、金子国芳國義展どちらも入場無料です。

夷酋列像 いしゅうれつぞう

2016 年 2 月 7 日

夷酋列像

昨日、けっこう寒かったんですが、千葉の佐倉まで「夷酋列像」を見に、歴史民俗博物館へ行ってきました。

NHKでやったらしいですね、遠いところにもかかわらずけっこうな入場者がいました。

まあ、言ってみれば昔のアイヌ民族の特徴的な人々のポートレートが主です。

あとは民族衣装が数点、規模としてはこじんまりした展示でした。

不思議なのはこのポートレートを描いた蠣崎波響という人が何故か人物を上目遣いに描く癖があるみたいで、ほとんどのモデルがポーズはいろいろなんですが、目だけは上目遣いが多いんです。

例によって主題と違うところが気になる私でした。

あ、それとですね昔のアイヌの人の衣装は今見る模様をキルトで表しているのとは違い、刺繍か織りなのです。

それに模様が細かい、それはとても素敵でした。

遅すぎる告知は例の如しで、本日までです。

歴博の猫

でね、こいつがどうも歴博の主らしいのですよ。

奥にちょこっと見えてる黒猫ととても仲が良いので、親子なのか兄弟なのか。

人を恐れず、堂々としたもんでした。

腰が痛い

2015 年 12 月 22 日

浅草

今朝起きたら腰がいたいのです。

何も覚えがないのに腰が痛くなる。

歩いたら治るかもと、体育館で歩いてきましたが、それほどの効果はありません。

なにもしないのに痛くなったり治ったり、これが年齢なんでしょうかねえ。

先日、二子玉の静嘉堂へ淋派を見に行ってきました。

辺鄙なところなのにけっこうな入場者がありました。

バスは一時間に三本、帰りのバスを待っていると待てど暮らせどやってこない。

結局50分も待たされた挙句乗りきれずにこぼれてしまいました。

が、次のバスは10分ほどで到着、このバスにも乗りきれない人が居ました。

写真は浅草の国際通り沿いにある空き店舗。

見事に荒れています。