‘写真機材’

SONY α7R II 考

2015 年 10 月 31 日

まだそんなに使い込んだわけではありませんが、不満な点とイイね、な点とがあります。

不満な点はやはりプロ用機材としては未成熟な部分ですね、メモリーカードスロットが一つだとか、テザー撮影するとカメラに撮影画像が残らないとか、またソニーのせいではないんですが、サードパーティ製のレンズやアクセサリー類はニコン,キヤノンが主体でソニー用はオマケ扱い。

テザー撮影は今のところライブビューでするとなるとC1一択です。

レンズ資産が少ない(尤も私はそれほど必要としてはいませんが)、等でしょうか。

ただこれはメタボーンのマウントアダプターを介せば、EFレンズがストレス無く使えるので、いざというときはそれで。

イイねな点は背面液晶のチルトですね。

これはね私はハッセルを使っている感覚になりました。

液晶の短編が4センチなので、4X4のマスクを作って、ベスト版でさつえいしてる気分です。

ですからスクエアフォーマットもヴァージョンアップで是非加えて欲しいと思います。

ファインダーと液晶の切り替えは自動なんですが、これも液晶のみにカスタムボタンへ設定できます。

ベスト版二眼レフのような使い方は予期していなかっただけに、かなり嬉しい。

それと電子シャッターの無音撮影は使えます。

舞台の仕事がある人はこのボディーとメタボーンは即購入でしょ。

結論は、このカメラはおすすめです。

というより、カメラは遠からずミラーレスに移行する予感がしますね。

デジカメなのに、ミラーがペコペコ動いている方がおかしい、私はそう思いました。

また気がついたことがあったらご報告します。

遅々として進まず

2015 年 8 月 16 日

箱根の蕎麦屋

SONYのα7R IIへのシステム変更が遅々として進みません。

ま、基本は資金不足なんですけどね。

前にも書きましたがレンズは広角、標準、望遠の各ズームで三本。

単玉が90マクロと新しい作品用に35ミリ、とまあ始めは五本体制で行くつもりなんですが、どうも資金繰りがうまくいかない。

全部揃えても100ちょっとの資金繰りがつかないで喘いでいます。

まあ、いざとなればギンイチLIKEがありますから、レンタルで凌ぐという手はありますけれどね。

始めはボディ1台レンズ3本体制でスタート、てな感じになりそうです。

基本貧乏な上に夏枯れで、にっちもさっちもいかない状態です。

水瓶の中で一生を終えるこの草だって元気に生きているんだから、贅沢は言えません。

ひねり出し、絞り出しても作品は作らなければね。

彫刻家よりお金はかからないんだから。

システム変更

2015 年 8 月 6 日

いよいよ明日発売になるSONYのα7R II、今後、仕事は全てこのカメラのシステムに変更します。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
FE 70-200mm F4 G OSS
FE 90mm F2.8 Macro G OSS
Carl Zeis Loxia 35mm F2 E-mount

こんな構成を考えています。
ツアイス三本、Gレンズ二本の構成。
何本かはすでに入手済み、仕事はすぐに始められます。
皆様、お待ちしておりますですよ。

C社からは完全に離れました。
こんなにもあったかと思うほど、C社の細かい機材まですべて処分しました。
N社からC社に移行するときはなんとなく心残りと一抹の心苦しさがあったんですが、今回はそういう気分は全くありません。
むしろ、せいせいしているのです。
この感情はなんなんだろう?
分析はできますが、そこは言わぬが花でしょう。

ありがたいのはSONYにはまだまだ揃っていない小物(例えばベローズ等)もN社のものが使えるので、特殊な撮影にも対応できると考えています。

ついでにスタジオのライトもクリップオンストロボの構成からLEDに変更、タングステン時代のように実際のライティングを見ながらの撮影に代えました。

人生最後のシステム変更ですね。

あとは仕事、だ!

ここが手強い(^_^;)

急性緑内障発作その4

2015 年 7 月 16 日

千葉の白子海岸とその付近の田んぼです。

稲にはまだ穂がついていませんね。

さて、昨日先週にひき続いて、今度は左目へレーザーを照射しました。

前回に比べて、今回はかなりの痛みがありました。

一発目の照射で痛みを感じると、その後の照射に恐怖感が発生して、術後にはわずかに吐き気までする始末。

まあそれでも、両目の手術は無事に終わり、来週最終検査をして今回の治療は終了ということになるのだと思います。

そうなれば、急な体調の変化や感情の高ぶりで眼圧が上がったとしても、破裂して全盲という最悪の事態は避けられるはずです。

あと白内障がわずかにあるそうですが、それはまだまだ手術が必要な段階ではないとのこと。

私は白内障手術をしないで天寿をまっとうするつもりでいます。

そんなわけで、ご心配を頂いた方々には深くお礼を申し上げます。

私はまだまだ、大丈夫です。

それと、撮影システムの変更、本気です。

すでに準備にとりかかっています。

「SONYで仕事するのかよ、本気?」と言われそうですが、「光学ファインダー」を最初に捨てたカメラマンになります!

カメラシステムを交換するかも

2015 年 6 月 13 日

今SONYのRX1を使っていますが、これは外で人物の絡んだ風景作品を作るのに、キヤノンの一眼が持ち歩くのに大きすぎることと、撮られる側が大きなカメラを向けられると、緊張するということもあって、そんな時のために一眼とは別に持っているのですが、それを売ってしまおうかと。

まだそれで作品と呼べるほどのものは一枚も撮ってないのですけれど。

5D2からwifiが使えるということだけで6Dに乗り換えましたが、これはどうも失敗でした。

で、今度出るSONYのミラーレスなら一眼とレンジファインダーを兼ねるような使い方ができるかもしれないと、考えたわけです。

いろいろ調べた結果、ほとんど仕事で人物がらみの撮影をしないわたしには向いているのではないかと。

キヤノンのEFレンズもとりあえずは使えるし。

EVFの便利さを知ってしまうと、もう光学ファインダーには戻れないかもしれない。

どうしたもんだろう?

画策

2015 年 2 月 17 日

待っていたEOS 5Dの後継機らしきものが発表されて数日経ちますが、全然食指が動きません。

5060万画素って、どういう魂胆でしょう。
5000万画素が必要な撮影してる人はデジパック選ぶでしょうし、それに参考作品見ると、圧倒的な解像感という程でもない。
日常の仕事には使いづらい容量のカメラですね。
いずれ、5D4が出るような噂もありますが、キヤノンの撮影現場を無視したような製品開発にちょっとイラッとしています。

そこで頭をよぎったのは、ニコン回帰。

D810の先膜電子シャッターはLEDで物撮りするには魅力的なシャッターですし、画素数も充分以上。
問題はテザー撮影でしたが、Lightroom5.7で対応したようですし、ここは一丁思案のしどころです。

ただニコン回帰と言っても、すべてのレンズがEFである現状では総取っ替えになるのが悩ましいところ。

それでも自分を育ててくれたニコンに人生の最期でもう一度戻るのは、なんかいいかも、と感傷的に思っています。

さあ、どうする。