‘写真機材’

α7R II のちょっと得した気分のこと

2015 年 11 月 22 日

IMG_2711

EOS用の無線トリガー、安いのでお馴染みYONGNUOです。

キヤノンのST-E3が壊れた時に、修理代も新たに購入もあまりに高いので代替として買ったものです。

手元からのストロボ制御はできませんが、わたしの使い方においては手元制御は殆ど無くても無問題。

4台購入しても修理代より遥かに安い。

ただし、SONYには使えません、との但し書き。

これはSONYのαシリーズがミノルタを引き継いだ時にカメラ軍艦部の特殊なアクセサリーシューも引き継いだために、世界中の殆どのカメラが採用している汎用ホットシューではなかったためです。

ただこれも、2011年以降くらいからSONYも汎用ホットシューに変更したので今では殆どのサードパーティー製のストロボや無線トリガーが使えるようになりました。(性格にはマルチインタフェースシューとか言うらしく汎用ホットシューとの互換性はあるものの汎用ではないそうです。ややこしい。オンリーワンに拘る意味のないところで拘る、つまらない矜持ですね)

で、先日のロケでこれも試してみました。

カメラはα7R II、ストロボは550EX(物持ちがいいんです^^;)2台にこのYONGNUOをつけて使用。

なんの問題もなく最後まで同調していました。

これだけは処分しないでおいたのですが、正解でした。

なんだかちょっと得した気分。

でも、Nissinに代えるかも^^;

 

α7R II のちょっと困ったこと2

2015 年 11 月 21 日

α7R II

使い勝手の問題で、ダメダメというわけではないんですが、EOSから移ってくるとちょっと使いづらいなと思う点に、フルタイムMFが無いということ。

EOSですとオートでピントを合わせていてもピントリングを回せばそのままマニュアルでピント合わせできますよね。

それが、α7R IIでは出来ません。

で、わたしはカスタムボタンへ「再押しAF/MF」(SONYではそう言います)を設定しておいてボタン一つでMFに移るようにしているんですが、これが慣れないせいで結構面倒。

後、ピント位置を移動する際にもダイレクトでは動かず、これもカスタムボタンへ設定しています。

まあこの辺りはそれぞれのメーカーの考えがあってやっていることでしょうから、こちらが慣れるしか仕方ないのですが、撮影中に頻繁に使う要素に関しては車で言うところのアクセル、ブレーキ、ウインカーなどの様に各メーカーで仕様を一致させておいて欲しいところですね。

細かいことですが「細かいことが気になるんですよねえ」でした。

α7R II

13日の写真もそうですが、わたしのスタジオはすべて直管のLEDです。
この光源でiPhoneは少しYの強いアンバー気味の発色をします。
下は同じ写真をPhotoshopでワンクリック触ってみたものです。
やはり一手間かけたほうがいいかしら。

α7R IIのちょっと困ったこと

2015 年 11 月 13 日

 

フロントキャップ

24−70のズームレンズ用フロントキャップです。

もちろん右側がα7R IIの純正レンズキャップなんですが、実はこれがダメダメ。

私はレンズを保管するときもバッグに入れて持ち歩くときも、レンズフードは付けっぱなしです。

その場合、レンズキャップを外すにはフードの中に指を突っ込んで外すことになります。

SONYに代える前のキヤノンはフードの中に指を入れてフードを外すことが出来ない構造のキャップでしたから、ずっと同径のNIKONのキャップを使っていました。

で、SONYのキャップですが、これはNIKONの金型を使っているとかで、とてもNIKONのキャップに似ているのですが、取り外しの時につかむ真ん中のなんて言うんですか、つまみがとても滑るのです。

で、取り替えたのが左のSIGMAのレンズキャップ。

これは非常につかみやすいのです、全く滑りません。

規模の小さい企業の方が、金型を自分たち向けに新たに起こして作っている。

ユーザビリティと言うんですか、使う者に優しい作りなんです。

近頃のシグマ、レンズも素晴らしいですが、こういうこまかいところの配慮も嬉しいですね。

フードつけっぱなしの方、このキャップはおすすめですよ。

撮影はiPhone6です。

SoftbankのiPhone4Sにゲタを履かせてDOCOMOでずっと使っていたんですが、うっかりiOSを9.1にアップしてしまいました。
アップしてもDOCOMOの電波は掴んでいたんですが、今月MNPでOCNモバイルONEに転出したんです。
DOCOMOで使えているからOCN大丈夫だろうと思っていたんですが、9.1では「不正なシムです」が出てしまいました。
で、まあ4Sも長く使ったので、取り替えたわけです。
前の持ち主が二ヶ月使っただけのDOCOMO版iPhone6です。
電話番号は変わっていません。
なので今後、表記のない写真はすべてiPhone6です。

 

α7R IIの実画像

2015 年 11 月 12 日

4240万画素と言ってもなかなか実感が無いんですが、千円札でちょっと遊んでみました。

千円札

元画像です。

千円札1

25%表示です。
撮影はクリップオン一灯直灯き、手持ちです。
選択範囲は動いていないので目安として下さい。
撮影はRAW非圧縮からJPG描き出しの画像をスクリーンショットで切り取ったpng画像です。

千円札2

50%表示です。

千円札3

100%表示です。
これで等倍撮影から約250倍に拡大したことになります。

普段の仕事にこんな解像度は必要ないですよね。

ただ、長玉持ってこなかったけど、、という時のクロップはかなりいけますよね。
望遠効果は期待できませんが、ただ寄るということだけなら使えます。
まあ、そういうこともないですかね。
でも日常のトリミングなら、全然解像感を気にしないで、大胆なトリミングは出来ます。
シノゴ(4 X 5)でもここまで解像してませんでしたよね。
フィルム粒子は結構大きかったんですね。

そんなわけで、恐ろしいカメラが極めて小さなサイズで出てきたのですが、SONYは来年の三月までにさらに革新的なスペックのカメラを準備しているそうです。

凄い時代ですが、作品撮りにはもう少し緩いカメラが欲しいなんて時代がくるかもしれませんね。

書き忘れました。
レンズはシグマの105mm 1:2.8 DG Macro HSMでレンズ側の手ブレ防止はオフで撮影しています。
安いレンズですがよく解像します。

SONY α7R II 考

2015 年 10 月 31 日

まだそんなに使い込んだわけではありませんが、不満な点とイイね、な点とがあります。

不満な点はやはりプロ用機材としては未成熟な部分ですね、メモリーカードスロットが一つだとか、テザー撮影するとカメラに撮影画像が残らないとか、またソニーのせいではないんですが、サードパーティ製のレンズやアクセサリー類はニコン,キヤノンが主体でソニー用はオマケ扱い。

テザー撮影は今のところライブビューでするとなるとC1一択です。

レンズ資産が少ない(尤も私はそれほど必要としてはいませんが)、等でしょうか。

ただこれはメタボーンのマウントアダプターを介せば、EFレンズがストレス無く使えるので、いざというときはそれで。

イイねな点は背面液晶のチルトですね。

これはね私はハッセルを使っている感覚になりました。

液晶の短編が4センチなので、4X4のマスクを作って、ベスト版でさつえいしてる気分です。

ですからスクエアフォーマットもヴァージョンアップで是非加えて欲しいと思います。

ファインダーと液晶の切り替えは自動なんですが、これも液晶のみにカスタムボタンへ設定できます。

ベスト版二眼レフのような使い方は予期していなかっただけに、かなり嬉しい。

それと電子シャッターの無音撮影は使えます。

舞台の仕事がある人はこのボディーとメタボーンは即購入でしょ。

結論は、このカメラはおすすめです。

というより、カメラは遠からずミラーレスに移行する予感がしますね。

デジカメなのに、ミラーがペコペコ動いている方がおかしい、私はそう思いました。

また気がついたことがあったらご報告します。

遅々として進まず

2015 年 8 月 16 日

箱根の蕎麦屋

SONYのα7R IIへのシステム変更が遅々として進みません。

ま、基本は資金不足なんですけどね。

前にも書きましたがレンズは広角、標準、望遠の各ズームで三本。

単玉が90マクロと新しい作品用に35ミリ、とまあ始めは五本体制で行くつもりなんですが、どうも資金繰りがうまくいかない。

全部揃えても100ちょっとの資金繰りがつかないで喘いでいます。

まあ、いざとなればギンイチLIKEがありますから、レンタルで凌ぐという手はありますけれどね。

始めはボディ1台レンズ3本体制でスタート、てな感じになりそうです。

基本貧乏な上に夏枯れで、にっちもさっちもいかない状態です。

水瓶の中で一生を終えるこの草だって元気に生きているんだから、贅沢は言えません。

ひねり出し、絞り出しても作品は作らなければね。

彫刻家よりお金はかからないんだから。