‘写真’

なぜか 石元泰博 ふう

2019 年 12 月 13 日

浜町公園

今にも雪の落ちて来そうな曇り空を写して白っぽく見えていますが、黒御影石の椅子です。

浜町公園のこの椅子の上に葉っぱのお札が何枚も風に飛ばされないように小石で重石をかけたまま置き忘れられてありました。

それを写真に撮ったら、なんだか石元泰博の桂離宮っぽくなりました。

石元さんといえば、亡くなった小川隆之さんから昔こんな話を聞いたことがあります。

超超売れっ子だった立木義浩さんが撮影を終えて帰る道すがら、彼は大きなリムジンに乗って後ろの席で足を伸ばしてのうのうとしてくつろいでいたそうです。

車が銀座通りを松屋の前に差し掛かった時、歩道をおおきな大きな「エイトバイテン」のディアドルフというカメラを三脚をつけたまま肩に担いでヨタヨタ歩く爺さんがいたそうです。

窓に寄って良く見るとそれが石元さんだったそうです。

後ろにはアシスタントがフィルムホルダーの入ったおおきなバッグを肩にかけてこれもヨタヨタ後についていたそうです。

これから撮影に行くのか、それとも帰りなのか、どちらにしても車にも乗らずカメラを自らの肩に担いで移動している姿に出会ったそうです。

それを見て立木さんは「俺は車降りて、石元さんに謝りたくなったよ」と、そんな話を小川さんに聞かせたことがあると聞きました。

「それを聞いて、小川さんどう思ったんですか?」とわたしが訊くと「俺でも土下座したかもね」と。

この話を聞いてわたしはなんだかいい話だなあ、と思いました。

それ以来、わたしは石元泰博さんの写真を見ると、いつも忘れていたものを思い出させてくれるような気がして、いい気分になります。

それと、石元さんのバウハウス仕込みの造形が好きなんです。

かっちりしていてスキがないのにどこか優しい写真が好きです。

残念です

2019 年 12 月 6 日

空

昨日の朝です。

観天望気ではこの雲が出るとお天気が悪くなる、そうですが昨日は一日晴れていました。

でも今日は曇って、明日は雨になるそうです。

お天気は確かに悪くなっていますね。

こんな秋らしい爽やかな雲の出た日にアフガニスタンでペシャワール会の中村哲さんが銃撃されて亡くなったニュースが入ってきました。

善意の人が悪意に殺されるのは何とも悔しい。

善意がいつか悪意に勝つ日が来なければ、人類は滅びてしまいますよね。

偉大で勇気ある善意に満ちていた中村哲さんに哀悼を捧げます。

この雲と空とを貴方に捧げます。

2020年のカレンダーが出来上がりました

2019 年 11 月 22 日

カレンダー

今年も色々お世話になりました。

なんとか、怪我も病気もなく一年を過ごすことができました。

「路上の記憶」も内容の重さの割りには好評のうちに終えることができました。

わざわざ足をお運びいただいた皆様には感謝いたします、ありがとうございました。

合わせて、この展覧会を企画、運営、実行を担ってくださった中田輝昭さんには深い感謝をささげます。

 

そしてきたる新しい年のカレンダーも出来上がりました。

全ては例年通りです。

よろしくお願いいたします。

artscape 飯沢耕太郎氏レビュー

2019 年 11 月 3 日

大日本印刷のWebマガジン「artscape」に過日のkanzangalleryにおける「路上の記憶」を見ていただいた

写真評論家の飯沢耕太郎氏によるレビュー記事が載っています。

その評論の概ねは作者の意図とたがわない文章となっておりますので、当展覧会に足をお運びいただいた諸姉、諸兄には

このレビューも合わせてお読みいただければありがたいのですが。

取り敢えずはお知らせまで。

https://artscape.jp/report/review/10158207_1735.html

もう使わないでしょう

2019 年 3 月 22 日

テープ

ささくれてゴムけてしまっていますこのテープ。

昔は活躍したんですが、もう出番はないでしょうね。

使いかけのフィルムが入っている4x5の箱、撮影済みの35ミリのパトローネを入れた箱や袋、4x5のホルダーを入れたバッグ、あらゆるフィルム、印画紙関係の入っているものに貼っていたんですが、もうX線は怖くないですものね。

思えば消えたものはたくさんあります。

写植やさんやカンプライターを始め消えた職業、道具は数知れず。

フィイルムすら消えたんですから変われば変わるもんです。

今後消えるものもたくさんありますよね。

一眼レフカメラはその筆頭でしょうが、十年ほど前には「カメラマンはいらなくなる」と囁かれたものです。

特に物撮りのカメラマンは必要なくなる、全て商品写真はCADから起こす、そう言われたことがあるんですが、かろうじて私を含めてまだ細々と生きています。

時は世に連れ、世は時に連れてかわって行くのに対応しきれないと本人が消えてしまう、なかなかのんびりできないものです。

先日ご紹介した映画「洗骨」ですが、たった4館の上映館だったものが100館にまで拡大したそうです。

監督のゴリさんは政治的発言をしたということで、テレビで姿を見ることがめっきり減りましたが、妙な話です。

お笑い芸人が政治的発言をすると干される、というのはなんだかなあ。

まあ、映画があたってよかった。

そういえばテレビが復旧し始めた頃には「映画は消える」と言われたもんですけど。。。

α7Ⅲ、α7R Ⅲの不具合報告は?

2018 年 12 月 3 日
明治座の銀杏並木

撮影のままでは見た目のイチョウと違うので、ちょっと色を盛ってます

 

今年の夏は異常でした。

もう日本には四季が失われてしまうのでは、と思わせるほど暑い夏でした。

正確にいえば夏になるまえに異常に暑い夏がいました。

ですが、現在明治座の前の銀杏並木はきれいに色づいています。

どうやら、冬は来ます。

そして早くも今年も師走。

年の終わり頃になると、怪我をすることが二年ばかり続いています。

一昨年は走りすぎて膝を壊し、復旧までおよそ10ヶ月。

それが治ってすぐ今年は自転車で立ちごけしそうになり、勢いよく踏ん張ったらかかとを痛めてそれは未だ継続中。

私の怪我は養生しながら放っておけばいずれは治るからまだいいんですが、このところ聞こえてくるSONYのα7シリーズの不具合は心配ですねえ。

わたしはα7R IIなので不具合の出たことはありませんがⅢの方は7も7Rにも出ているようです。

しかもネット情報によれば、不具合に対するSONYの対応が当初はあんまりいただけないようだったようで、事実とすれば残念です。

C社から割と早く機材変更をしたものとしては不具合とそれに対する木で鼻をくくったような態度は、ちょっと残念です。

書状は把握しているが、復旧は未定だそうです。

再び機材はN社に戻るのか?

そうなると一回りです、Nから始まりCに行き最後はSだったはずが、再びNなのか?

踵と機材が心配です。