‘日記’

詐欺

2019 年 3 月 5 日

ポラロイド作品

先日のことです。

役所を名乗る電話がかかってきました。

「高額医療費の還付」だと言うんです、41368円。

久しぶりに「尾花」へ行って鰻でも食べようかなあ、と一瞬思いました。

白内障の手術しましたし、金額がありそうな額だし。

で、向こうが言うのです「高額医療費還付の申請書が届いているでしょ?」

ここがミソですね、「はい」と応えると「それと身分証明書、通帳、印鑑とカードを持って銀行に来てくれ」と言うんです。

「窓口で41368円還付しますけど、手数料がかかります。ただ50万以上の残高のある通帳を持ってきてもらえば、その手数料は銀行が立て替えます」

電話がかかってきていたのは固定電話ですが「では携帯の番号をお願いします」

ここでフト我に返りました。 「携帯持っていません」これは私の常套句です。

基本、知り合いと仕事の関係以外に携帯の番号は教えません。

相手は一瞬口ごもって「ではこの電話におでんわしますね」

まあ、こんなやり取りがあって、念のために役所に電話をすると「高額医療費の控除分はすでに振り込んでいる」とのこと。

よく考えればたしかにそのとおりですし「役所が銀行になにか依頼して、銀行から個人へ業務連絡をすることはありません」と。

ちょっと欲に目がくらみましたね、鰻チラチラしたし。

で役所が言うので、警察に行って事情を説明し、もしもう一度かかってきたら警察と連携して犯人逮捕に協力するということで一件落着。

結局電話はかかってきませんでした。

それから数日、Amazonからプライムの会費の引き落としカードの期限が切れているので更新してくれというメール。

引っかかりました、寸前まで。

金額が400円ですからね、ついうっかり「そうだったかな? 更新しておこう」となったわけです。

ですが、そのサイトを開いたときわたしのMacbook Proが全面真っ赤に染まって警告してくれたんです。

フウ、危なくカード番号と暗証番号抜かれるところでした。

、、、これが最近あったわたしの詐欺被害未遂事件です。

大きな欲には自制が働きますが小さい欲にはつい手が出ます。

みなさまご要慎の程を。

 

写真はポラロイドの転写作品のオリジナルの束、この狭いスタジオのどこに隠れていたのか、およそ二百枚ほどが突然見つかりました。

優に展覧会できる量です。

起きて半畳、寝て一畳の狭い環境によくこんなに隠れていたなと思うのもそうですが、よくこれだけの作品を作っていたなと自分ながらに感心しました。

4万貰うよりよっぽどラッキーじゃん、と思えないところが凡人のアサハカサですかね。

 

追加:私のMacに入っているウイルスチェックソフトはClamXavです。

森田童子が死んだ

2018 年 6 月 12 日

森田童子が死んでいた。

 

蒲田、羽田記念

1970/10/18 蒲田

全共闘を実際に担った世代と高橋和巳と、その間に挟まれているのが我々世代。

「孤立無援の思想」は今でも私にはバイブルです。

白内障手術術後感想

2018 年 5 月 4 日

隅田川

両目の白内障手術が終わりました。

前にも書きましたが目の濁りが取れて、世界が明るくなりました。

絞りで言うと約1/2絞りほど明るくなりました。

同時にCCフィルターで0.5Y程のイエロー被りが取れました。

この明るさと色被りの度合いは人によって様々らしいです。

ともかく嘘のようによく見えるようになりました。

まあ、手術成功と言っていいでしょう。

ありがたいことです。

困った事は今までよりホコリがよく見えることで、中々シャッターがきれません。

若い頃に戻ったようです。

写真は隅田川で和船に乗って、艪漕ぎの練習をして居る人達。

少し前の撮影です。

 

田沢湖

2016 年 7 月 19 日
辰子像

@k.masako

日本一深い湖、田沢湖に立つ辰子像です。

この湖が何故深いのか、それはこのやがて龍になる辰子姫伝説を調べてみてください。

ターナーが喜びそうな雲と日本一深い湖と辰子姫。

作者はあの舟越桂の父、船越保武です。

これをこしらえる時舟越保武が辰子姫伝説を知らないはずはないのになぜ西洋風の衣装なのか、ちょっと不可解。

私感ですが、息子の桂のシックな色合いの木彫像に変えるてのはどうでしょう?

この景色に合うと思うけどなあ。。

こんど生まれてくるときは

2016 年 6 月 19 日

美ら海水族館 クラゲ

 

タイトルはよく言われる言葉ですが、これをまじめに考えたことはありません。

写真家という職業柄ロマンティストと思われがちですが、ガチでリアリストです。

だから、今度生まれるときは、の「今度」はないと思っています。

なので、真剣に考えたことはないんですが、それはそれとして、話としてはどうなのかな? と思ったわけです。

私はもう一度今の自分をやってみたい。

それも今の記憶を持ったままで生まれてきてもう一度今の自分をやってみたい。

それは、今の自分に後悔しているからというわけではなくて、理想の自分を体験してみたいからです。

自分が理想と思う自分を経験してみて、それで、最期にどう思うのかなあ? て。

美ら海水族館

 

東京大学

2016 年 5 月 2 日

東京大学

昨日の昼頃、散歩に行きました。

通常は自転車で行くんですが昨日は地下鉄。

お休みなのにけっこう散歩の人が構内を歩いていました。

農学部から入って歩道橋で通りを渡って、安田講堂へ。

ここで、催涙液をたっぷりと浴びたまま芝生に寝て一夜を明かしたのはもうすでに何十年前になるのでしょう。

計算するのも面倒なほどの年月が過ぎたんですねえ。

しかしその安田講堂の前に今立っても、何の感動も回想も無いのはどういうことでしょうか?

食堂で500円の定食を食べましたが、600円取られました。

そう、学生でも組合員でもないので、100円割増なんです。

600円、微妙だなあ〜、500円だとお得感があるのですが、600円だと普通だなあ。

東大構内