‘音楽’

訃報

2014 年 2 月 27 日

テレカ

パコ・デ・ルシアが死んだ。

公演先のメキシコで心臓発作を起こしたらしい。

私の一番好きなギターリストだった。

初めて聞いたのは車の中で、ラジオから流れてきたライブ音源だった。
ギターデュオの演奏でその二人の演奏がものすごかった。
ものすごいテクニックで(ホントはあんまり詳しくないので、テクニックまではわからないんですけど)ともかく速弾きでその速弾きのほんとに細かいフレーズまでピッタリと合っている二人、まさに超絶技巧だった。
特に左チャンネルから流れてくるギタリストの音は今まで聞いたことのないものだった。
なんと形容していいかわからない、ともかく聞いたことのない演奏だった。
速くて、怪しくて、ビートが心臓に突き刺さってくるような演奏だった。
車を止めてその演奏を聞きました。
演奏が終わって 演奏者の名前を聞き逃すまいとしたんですけど、それはアナウンスされなかった。
後日、音楽に詳しい、本当に詳しい友達にその話をしたら「曲名がわからないからなんとも言えないけど、風間さんがそう感じたならそれはパコ・デ・ルシアだと思うよ」

まさにそのとおりでした。

Friday night in San Francisco」というそのCDの一曲目が私の聞いた演奏でした。

話せばいくらでも話はあるんですが、まあ止めておきます。
多分詳しい人達が沢山解説するでしょうから。

「しかし、今まで聞いたこともない演奏だったよ。怪しいんだよ、妖艶」
「スパニッシュで一番大切なものは、技術じゃない。デュエンデなんだよ」

その友達は僕の聞いたパコの怪しさをそう説明してくれました。

スパニッシュに名手はたくさんいますが、パコのデュエンデは私には特別でした。

ほんとうに残念です。

そしてもっと残念なのは、日本ではあまりデュエンデを感じる演奏に出会えなかったことです。

リンク先の一曲目が、私が衝撃を受けた曲です。

書き忘れましたけど、パコの凄さはリードしてる時もそうですけど、バッキングに回った時の凄さなんです。
サッチモもそうでしたよね。
リードはあたりまえだけど、バックに回ると、リード奏者が普段演奏しないような演奏を引き出させる。
ああ、もったいないなあ。死ぬと全部持って行っちゃうんですからね。。。

久しぶりに

2013 年 11 月 23 日

庄司紗矢香

チャイコのヴァイオリンコンチェルト ニ長調op.35

260万ビューを越えていますが、さもありなんです。

久しぶりに涙腺が刺激されました。

自分の見つけた道に才能があって、しかもそれが花開いたのを見るのは気持ちいいですね。

残念です

2012 年 10 月 3 日

以前にもなんどか書いたことがありますが、好きな歌手やダンサーや演奏者の中のひとつに「優歌団」があります。
木村充輝の声と内田貫太郎のギターが作り出す独特の世界。

そのバンドのドラマー、島田和夫が自宅の前で倒れていたのが見つかったらしいのです。
既に死亡していたとか。。。

密かに願っていた再結成はもう二度とできなくなりました。

残念です。

どうぞやすらかに。。。

らいぶ+てんらんかい

2012 年 8 月 20 日

初台でギターリストのDaniel Coughlinさんの路上ライブを聴いたあと、サントリー美術館へ行きました。

「おもしろびじゅつワンダーランド展」
タッチパネルのパソコンが何台もあって、お皿に定番の模様を自分で自由に配置して、デザインを楽しめたり、六曲一双の洛外図屏風が実物と巨大なタッチパネルとで展示されていて、タッチパネルの方ではさわると、その部分が拡大できるようになっていたり、と、ほかにも大人も子供も楽しめるような展示でした。

サントリー自慢の薩摩切り子がありったけ並べられていたのは、得した気分。

しかも「ノーフラッシュなら撮影自由」というのは日本の美術館では珍しい。

ライブも展覧会も面白かった。

国歌斉唱

2011 年 8 月 11 日

きのう、日本対韓国戦、素晴らしかったですね。

対韓国戦では初めて見る日本選手達の躍動する姿、本当にのびのびとゲームを楽しんでいましたね。

ただひとつ残念なのは試合前の国歌斉唱。
君が代が国歌で良いのかと言う議論はいまはおいて、それを歌う歌手は、
これからプレーする選手達を歌唱によって鼓舞する役割があると思うんですが、
わたしが聞いた今までの歌手で感心した人は、正直一人もいません。

無理に「プロ歌手」に拘ることはないの ではと思います。
歌唱力以外が重要視される日本のミュージックシーンでは、ともすると、圧倒的な歌唱力の歌手が敬遠されたりしますから、なかなかうまい歌手が現れないんでしょうね。

昨日の歌手はアクアタイムズの太志という「歌手」だそうですが、これはあんまりだったので、ネット上で悪い意味で盛り上がっているようですが、まあそれもしかたないですね。音は外すし、音がぶつけられないので引きずって音を探る歌い方で、それは歌手の個性だという意見もあるようですが、そうだとしても、これから戦う選手は、あれで鼓舞されることはないんじゃないかなあ、と思った次第です。

まずい例を挙げることはしませんが、高校生でもこれだけの歌唱があるという例をひとつ。

そして、君が代ではありませんが、こういう歌唱が選手を鼓舞すると言う例もひとつ。

もっとも、アメリカの歌手は、みんな独特でうまいですけどねえ。
国歌斉唱だけを比べると、米国の歌手と日本の歌手はプロとアマの差以上のものがありますね。

ブログ上では悪口の類はできるだけスルーしたいのですが。。。

Café de los MAESTROS

2010 年 8 月 22 日

雅叙園厠この都内某所の厠を見てから、渋谷へ行きました。

マエストロ達チケット邦題「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロ達
わたしが知っていて積極的に行ったわけではありません。勧められて同行したんです。
いや、衝撃でした。
二十年ほど前、車を運転中に聞こえてきた「Saturday night in San Francisco」の衝撃に近いものでした。
今までだってアルゼンチンタンゴを聴かないわけではありませんでした。
Astor Piazzollaはよく聴いていました。でも、アルゼンチンタンゴに対する全体的な印象は「団体競技」よく知らないせいもありますが、個がフッと浮かぶという感じではなかったんです。映画を見た後はじゃあ、個が浮かぶかと言えば、それはまだそうでもありません。映画に登場してくる伝説のマエストロと呼ばれる高齢のミュージシャン達も知りませんでした。
しかし、しかしです、もの凄いんです。そこに現れるマエストロ達は。バンドネオン奏者、ギタリスト、ヴァイオリン奏者、歌手、どれもこれも妖気が立ち上がってくる音です。
フラメンコで言えばデュエンデが満ちあふれていました。
聴いていて涙が出てきました。
決して、超絶技巧の人たちではありません。でもその奏でる音が、魂を揺さぶります。
前から、コンチネンタルタンゴは退屈、アルゼンチンタンゴは情熱、ぐらいの感想は持っていたんですが、これはほんとうにすごかった。
ブエノスアイレス、土地が生んだ音楽です。

おすすめです。
文化村は8/27迄ですが、新宿武蔵野館で9/4から始まります。全国を回るみたいですよ。
音楽は凄いなあ。