‘祭り’

おみこし(御神輿)とぎょ(渡御)

2014 年 8 月 14 日

祭りの支度

清洲橋の深川側たもと。

17日の日曜日には深川中をおみこしが練って歩きます。

その角、角に幟と提灯と竹を結わいていきます。

まあ東京では三大祭りと三社祭と、合わせて四つの大きなお祭がありますが、
中でも「みこし深川」と言われるように、ふかがわの八幡様のおみこしは特別なんですねえ。

千貫神輿が何基もあって、これを担ぐのが木場の材木を扱う若衆達の自慢なんです。

一時期、材木問屋で機械化が進んで、人が材木を担がなくなって、この千貫神輿を担げなくなっちゃって、神輿をトラックに乗せて渡御したことがあったんですよ。

これはさすがに不評でしたねえ。

担げないことを宣伝して歩いているようなもんですからねえ。

御神輿は担ぐ人数の三倍の人数が必要なんですね。
ずっと担ぎっぱなしは体が保ちませんから、次々担ぎ手が変わりながら渡御していく。
その為には担いでいる人数の倍の人間がまわりにいて、囃しながら一緒に歩いていなけりゃなりません。
機械化したおかげで、人出が減って、この担ぎ手の人手が足りなくなっちゃったんですね。

今はあちこちの睦み会から助っ人が来るんでそれで担いでいるんですね。

私の子供の頃と変わったことといえば、深川の神輿には水をかけるんですが、これを水道に繋いだホースからかけると怒られたもんですが、今はそれもありみたいです。
それどころか、消防自動車が出て散水するくらいですから。

昔は絶対手桶からかけなくちゃいけなかったんで、これはこれで景気が付いて風情だったんですがねえ。

まあ、中央区の人間が深川の神輿を講釈してもなんですけど。

うちらは山王さんですから。

 

お祭なんです

2013 年 5 月 12 日

昨日は雨の中で御神輿を担いでいたんで、気の毒でしたけど、
今日はうって変わって良いお天気なので、みなさんうれしそう。

うちの露地を出た道にテーブルをしつらえて、お昼の支度をしてますから、
担ぎ手の中食が終わるまでは外に出られません。

お祭の時はいつもそうです。

富岡八幡祭礼

2008 年 8 月 18 日

深川本祭り

きのうの深川永代通り、御神輿の渡御。
あいにく今夏一番の肌寒い日でしかも深川は水掛祭りですからけっこう寒かったはずですが、皆さん元気。
TVKでは朝の七時頃から延々中継やってましたね。
話しは全然関係ないんですが、この頃20Dの液晶サイズはちょっと辛くなってきました。
今時、コンデジでも20Dより全然大きいんですものね。
5D後継機いつになるんでしょう?
首が相当長くなってきました。

富岡八幡の参道前で御祓いをしてもらった御輿が渡御するコースはちょうど八キロです。
そりゃ、眠くもなりますわな。
近頃人物スナップもやかましく、あちこちトラブルがあるみたいですが、
誠に久しぶりに、写真撮ったら御礼言われました。
お孫さんでしょうね。
乳母車の前輪見ればお分かりの通り、わざわざ車止めて下さいました。
ま、ほんとはすうーっと、行って欲しかったんですがね、まあいいでしょ。
あのお、人物撮るとき撮る方が笑顔だとそんなにトラブルになりませんよ。
あと人物だけ狙いに行くなら、レンジファインダーに限ります。
なぜか一眼レフは撮られる側に威圧感があるみたいですよ。
ライカ向けて怒られたことは一度もありません。
ブレッソンや伊兵衛さんを見習いましょう。

隅田川で

2008 年 7 月 2 日
隅田川

携帯P704i

きのう午前10時半頃、新大橋の上から上流を向いています。
情けない、カメラ持っていませんでした、砂町銀座へ買い出しに行く途中。
人形町からですと清洲橋を渡るのが道順。
なのになぜか新大橋、わたしこういうこと結構あります。
どっか頭のネジに一本、ピッチの違うの使ってるみたい。止まってればいいか、みたいな感じでしょうか。
この携帯の写真、すさまじいでしょ。撮ったままにスマートシャープ30%。
実はこの携帯になるには訳がありました。
前のはSO904iTVと言う奴。ワンセグで、たしかサッカー見るんでそれ以前の五年目に突入していた機種を変更したのでした。
四年以上使えたので(途中汗による蒸気浸潤で新品交換してもらいましたが)同じメーカーにしました。
ところがこれが一年半の間に四回も新品交換。故障はいずれも電源が入らなくなる。
先ずメールが届かなくなり、電池入れ替えたり様々工夫して使っているうちに電源OFFになります。
ドコモはいやな顔もせずそのつど新品交換してくれるんですが、こっちがイヤになっちゃった。
で機種変更。無料です。ただしワンセグはなくなった。
デザイン重視で決めたのでこれはいたしかたないんですが、写真の写りがこれ。ちょっとゆるせませんね、いまどき。

で、写真ですが、広角気味なのでわかりずらいと思いますが天ぷら船けっこうな数です。
みんなエンジン切って流しています。15~20ぱいぐらいいます。先頭には水上警察。
祭礼ののぼり旗たててるんで、なんか水上のお祭りなのかもしれません。
あとで調べたらこういうことでした
それの一番シッポの方だったらしいです。橋の上からも何事かとのぞき込む人結構多いんですが、
みなさんなんだかわからない。
橋のたもとに交番があるんで戻って訊いてみたんですが、わからない。

ま、そんなことで、遠回りして砂町へ行きました。
ホヤと海老とワカメと蜆が安かったので購入。
お向かいのてんぷらやさんでアジの天ぷら150円をもらって食べながらご帰還。
砂町銀座はいつ行っても活気があります。
どこから湧いてきたんだと思うほど年寄りが居ます。
あはは、わたしもその中に紛れていますが。。。

椙森神社(本日二度目)

2008 年 5 月 16 日

椙森神社

あしたにしようかとも思ったんですが、15~17日の行事なので早めに告知がいいのでは、と。
椙森神社がお祭りやってます。
椙森神社といえばベッタラ市ですが今日は夏祭りのお知らせ。
買い物に出て、たまたま出ッ喰わしてパチリと一枚。
えらいでしょ、近所の買い物にもカメラぶら下げてる、って。
御輿の渡御、ったって、一基のみ。
人形町の一丁目から小網町、小伝馬町、掘留あたりでしょうか。
人形町も二丁目以下は町内の住吉神社の氏子になります。
そんなわけですから、取り立てて何かこう凄いイベントがあるてえことは無いんでしょうが、
半被でも持ってる人はそれォ着てくりゃ、御神酒所でいっぺえ呑めるてぇ寸法でさあ。
……どうも二三ちめえから、志ん生の口調が離れません。
ついでにくだらねぇ知識をひとつ。
江戸っ子はなんでもはしょって喋りますが、例えば落語でも自分の名前をキサッペだとばかり思っていて
訪ねてきた人が、「やまだきさぶろうさんはいらっしゃいますか」と問うと、
そんななげえなめぇのやつぁしらねえなあ、って。
このはしょりかたなんですが、江戸っ子はどんなに縮めて喋っても、助詞を抜くことがありません。
わかりやすく言いますとね「カメラぶら下げたやつ見なかったかい?」っていう言い方はしません。
必ず「カメラぶら下げたやつを見なかったかい?」となります。
そんなこたぁねえ、志ん生ぉ聞いてみろいとお思いでしょうが、
このひらがな小さくしたところが助詞なんです、というか助詞の代わりなんです。
語尾を伸ばして助詞の代わりをさせる。
時代劇見てて、これができてないことけっこうあります。
おたいくつさま。

ベッタラ

2006 年 10 月 20 日

ベッタラ市ベッタラ市ベッタラ市今年もいよいよベッタラ市の季節です。昨年は昼間のベッタラ市をお知らせしたので、今年は夜。
昨夜、と言うより今日の午前一時頃。寶田神社がわ、本家ベッタラ市の参道入り口です。今年も去年同様露天がびっしりと道の両側にならんでいます。なんだか懐かしくて、ちょっと切ない縁日の風景。海外におすまいの日本で育った方々、なつかしいでしょ。ある意味縁日は日本の原風景ですよね。昔とは商売のやり方や市を取り巻く環境なんかは変化していますがそれでも、縁日は郷愁をかき立てます。
暗い縁日ですが、黒くて見えない部分は皆さんの記憶で塗り直して下さい。

こちらは椙森神社(すぎもり、ないしすぎのもり)の境内。提灯は花見やお祭りにぶら下がっている紅白のぼんぼり型より私はこの高張提灯がすき。きりっとして、すっきり。いわゆる粋な感じがして。文字も変に勘亭流めかず上品。文字が変化に富んでいるのは色々な提灯屋さんが手がけているんでしょうね。ベッタラ市はこのために一年身を粉にして、って言う祭りじゃありませんが、なんとか今年もここまで来ました、来年も是非元気で商売が出来ますようにっていう、本当にささやかな願いを込めた祭りですから、却ってしみじみとした情緒があります。とくに夜、提灯の火を落とさないので、いい感じ。昨日と今日だけ、二日間ですからお越しになるなら本日限り。