‘桜’

個人的なこと

2020 年 4 月 2 日

さくら

今朝の浜町公園です。

ちいさな公園に若い桜の木が何本かあります。

オオシマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラと一応揃っています。

今朝からの風でもまだ割としっかり枝についています。

実は親しい友人が昨年の夏に倒れました。

たまたま倒れた時に一緒にいたので、救急搬送に同乗したり、その後の病院の手配やら、その友人が五十年続けていたお店の廃業手続きやら、片付け、親しく足を運んでくださった方々へのお知らせと挨拶等々することが山ほどありました。

倒れた時にすでに人事不省、左半身麻痺、長くはもつまいという聖路加の医師の診断。

連れ合いをすでに亡くされていたので、妹さんと私とでさまざまの事に対応したのですが、二度と意識の戻ることはないと言われ、明日逝くかもしれないし、半年先になるかもしれないとの曖昧で気持ちの決まらない時を過ごす日々を重ねてきました。

ですが幸い、搬送された時の絶望的な状況からいくらか小康を保って自立呼吸で眠っている容体まで、安定しました。

そうはいっても、当時は来年の桜まではもたないと思われていましたが、その桜ももう散り始めています。

今はコロナの影響下で病院には一切見舞えませんが、そして本人の生前の意思通り最低限度の延命処置にも関わらず、日々穏やかに息をしております。

身近にこういうことがあると、景色や花や生き物やを見る目が変わります。

人間はその場に立たされてみないと身につまされてものを考えないので、今になってこの50年の付き合いの中でこの人が示してくれた友情を感じています。

元気な時に何分の一かでも返せていたらとも思います。

今更言っても詮無いことですが、その人を知っていてくださる方々へその後の様子と今も穏やかに眠っていることをお知らせしたくて書きました。

櫻花狂おしこの春ひとしお   藤田くみ子

毎年のことですが

2019 年 4 月 2 日

八重桜

桜花の下処理が終わりました。

八重桜

で、これを梅図にしばし浸してから水が切れるほどに干してから塩漬けします。

その後はオオシマザクラの葉を摘んで、やはり塩漬け。

葉の方は熱湯で煽りますが、その時に鮮やかな緑の色が消えます。

お店にある桜餅の緑の桜の葉はどうやってこさえてるんでしょうかねえ?

 

ウィーンの春2

2018 年 4 月 20 日

ウィーンのSchifterさんからウィーンの春の第二弾が送られてきました。

今年の八重桜、色が濃いそうです。

そう言えば日本でも今年は桜の色づきが濃かったような。

今年は春と新緑が同時に来たようでしたがあとは暑い夏を待つばかりです。

来週左目の手術です。

白内障2

2018 年 4 月 8 日

清澄公園の八重桜

右目の手術から間もなく一週間です。

一週を過ぎると、頭が洗えるようになります。

それまでは目に目薬以外は入れられないので、頭の痒さをじっと我慢の一週間です。

物の有る無しはわかりましたがその輪郭は判然としなかった右目が視力1.2まで回復しました。

ファインダーでピントも合います。

入れた眼内レンズは紫外線によって黄変したり経年劣化したりはしないそうです。

少なくとも50年はもつそうですから凄いことです。

写真は清澄公園の唯一の八重桜、今満開です。

ウィーンの春

2018 年 3 月 28 日
くろっかす

Michael Schifter

ウィーンにも春がきたそうです。

花の名前が書いてなかったので想像ですが、クロッカスでしょうか?

アルプスに似合う花ですよね。

ひるがえって今年の日本の桜は咲き始めに全く色がなかった上に雨に当たったので、色づかないかと思ったんですが、例年に増してさくら色がきれいでした。

わからないものです。

やっと春が来たか。

どうでもいいんですが一応決まり事なので、甘酒横丁の桜です。

さくら

桜咲く

2018 年 3 月 17 日

有馬小学校の桜

有馬小学校の桜です。

もう七分咲です。

今日はまた冬に戻ったような陽気ですが、ここだけは春です。

実は人形町ではすでに満開を通り越して散ってしまった桜もあるんです。

人形町の藪蕎麦の桜がそれです。

木が細くて小さいので写真は撮らなかったのですが、小さいくせに相当早熟でした。

人形町界隈には連雀町の薮系統の蕎麦屋が二軒あります。

一軒はその桜のある人形町薮、もう一軒は入り口に火鉢が於いてあってその中に金魚のいる浜町薮。

人形町薮は町のお蕎麦屋さん然としていますが、そばは連雀町の睦会として二八の細切りで美味しいです。

浜町の方は昔ながらの蕎麦屋の風情が残っています。

何が昔ながらかというと、注文の品が出るまで、水も茶も出さない愛想なしです。

ただ愛想なしと言っても、上野の某蕎麦屋のように「水下さい」だの「お茶下さい」だのと言うと店主が出てきて蕎麦屋で何故水を出さないのかという能書きを滔々と述べ立てて、客に店のやり方を強制するような野暮はしません。

頼めば黙って水でも茶でも出てきます。

食事前に薬のむ人だって居るんですから、上野の蕎麦屋のやり方はどうもあまり頂けないでよね。

あと、テーブルに楊枝が置いてないんですね。

これは落語にもよく出てきますが、江戸っ子は蕎麦は噛まない、すすって喉越しを楽しむ、なんていわれから楊枝を置かないんですが、これだってご飯物を置いといてそれはないだろうと、思う人は思いますよね。

浜町藪は通路に花が活けてありますがその脇にそっと楊枝入れが置いてあります。

まあ、押し付けがましくなく、それでいて江戸っ子の粋がりに合わせているんです。

話は脱線しましたが、人形町情報でした。