‘桜’

ウィーンの春2

2018 年 4 月 20 日

ウィーンのSchifterさんからウィーンの春の第二弾が送られてきました。

今年の八重桜、色が濃いそうです。

そう言えば日本でも今年は桜の色づきが濃かったような。

今年は春と新緑が同時に来たようでしたがあとは暑い夏を待つばかりです。

来週左目の手術です。

白内障2

2018 年 4 月 8 日

清澄公園の八重桜

右目の手術から間もなく一週間です。

一週を過ぎると、頭が洗えるようになります。

それまでは目に目薬以外は入れられないので、頭の痒さをじっと我慢の一週間です。

物の有る無しはわかりましたがその輪郭は判然としなかった右目が視力1.2まで回復しました。

ファインダーでピントも合います。

入れた眼内レンズは紫外線によって黄変したり経年劣化したりはしないそうです。

少なくとも50年はもつそうですから凄いことです。

写真は清澄公園の唯一の八重桜、今満開です。

ウィーンの春

2018 年 3 月 28 日
くろっかす

Michael Schifter

ウィーンにも春がきたそうです。

花の名前が書いてなかったので想像ですが、クロッカスでしょうか?

アルプスに似合う花ですよね。

ひるがえって今年の日本の桜は咲き始めに全く色がなかった上に雨に当たったので、色づかないかと思ったんですが、例年に増してさくら色がきれいでした。

わからないものです。

やっと春が来たか。

どうでもいいんですが一応決まり事なので、甘酒横丁の桜です。

さくら

桜咲く

2018 年 3 月 17 日

有馬小学校の桜

有馬小学校の桜です。

もう七分咲です。

今日はまた冬に戻ったような陽気ですが、ここだけは春です。

実は人形町ではすでに満開を通り越して散ってしまった桜もあるんです。

人形町の藪蕎麦の桜がそれです。

木が細くて小さいので写真は撮らなかったのですが、小さいくせに相当早熟でした。

人形町界隈には連雀町の薮系統の蕎麦屋が二軒あります。

一軒はその桜のある人形町薮、もう一軒は入り口に火鉢が於いてあってその中に金魚のいる浜町薮。

人形町薮は町のお蕎麦屋さん然としていますが、そばは連雀町の睦会として二八の細切りで美味しいです。

浜町の方は昔ながらの蕎麦屋の風情が残っています。

何が昔ながらかというと、注文の品が出るまで、水も茶も出さない愛想なしです。

ただ愛想なしと言っても、上野の某蕎麦屋のように「水下さい」だの「お茶下さい」だのと言うと店主が出てきて蕎麦屋で何故水を出さないのかという能書きを滔々と述べ立てて、客に店のやり方を強制するような野暮はしません。

頼めば黙って水でも茶でも出てきます。

食事前に薬のむ人だって居るんですから、上野の蕎麦屋のやり方はどうもあまり頂けないでよね。

あと、テーブルに楊枝が置いてないんですね。

これは落語にもよく出てきますが、江戸っ子は蕎麦は噛まない、すすって喉越しを楽しむ、なんていわれから楊枝を置かないんですが、これだってご飯物を置いといてそれはないだろうと、思う人は思いますよね。

浜町藪は通路に花が活けてありますがその脇にそっと楊枝入れが置いてあります。

まあ、押し付けがましくなく、それでいて江戸っ子の粋がりに合わせているんです。

話は脱線しましたが、人形町情報でした。

浅田真央引退

2017 年 4 月 12 日
桜

浜町 中之島公園の桜

真央ちゃんが引退会見の日、昨日までの寒い雨が上がって、晴れやかな春の日和になりました。

まだ散り残る桜のもとで爽やかな笑顔の会見でした。

人々に愛された選手でしたね。

お疲れ様でした。

春は桜

2017 年 4 月 9 日
桜

本郷 吉祥寺

昨日、去年の夏に散歩中に偶然見つけた本郷の吉祥寺へ行ってきました。

山門から参道を暫くの間は枝垂れ桜、鐘楼から先には染井吉野、中々風情があります。

桜

谷中墓地

で、そのあと谷中の墓地へ回ってみました。

数年前からここは宴会禁止なので、花を見たい人だけが来ています。

静かでとてもよろしい。

これで空が青ければ言うことなしなんですけど、そういうのは数年に一度ですねえ。

散り始めてます。

追:久しぶりにこのブログ掲載のブログロールをひとつひとつ歩いてみたら、閉鎖しているところが幾つかあり、それらをリンクから外しました。

facebookとかTwitterとかに流れてるんでしょうかね?

ちょっと寂しい気もします。