‘映画’

「夜叉」

2014 年 11 月 19 日

わたしは、どうも、「任侠もの」はあんまり、ね。

任侠者の設定そのものが肯定できないんです。

ヤクザの有り様は北野武の方が描けているなという感じがします。

わたしが一番と思うのは「夜叉」です。

降旗康男監督、田中裕子、ビートたけし共演。

田中裕子がいいんです。

ビートたけしも名演です。

そして画面の作り方がとても美しい。

トレンチコートを着て東京に出てゆく下りはちょっと余計で、お客に媚びたなという感じがしますが、全体的にはわたしはこの映画が好きです。

 

十日に高倉健が逝きました。

泥の河

2014 年 5 月 3 日
日本橋川

iPhone 4S

連休で船溜まりに係留されている船の数がいつもより多いようです。

日本橋川が大川へ流れ込む新川の辺りですが、昔と違って今は川もキレイになり臭いもしません。

もう少しするとイナッコと呼ぶボラの稚魚が大量に発生します。

するとそれを狙って鷺や鴎がやってくる。

だから、景色としてはいいのですが、わたしはこういう船溜まりをみるといつも「泥の河」を思い出すんです。

それも宮本輝ではなくて小栗康平の映画の方を思い出すんです。

そしてその時の加賀まりこが良かったなあ、と思うのです。

36歳の時に見て、もう大分感受性も衰え始めてきた年であるにもかかわらず、映画「泥の河」は深く印象に残っています。

 

沢尻エリカは好い女優だと思います

2013 年 11 月 19 日

「パッチギ!」と昨日の「時計屋の娘」しか見てないんですけど、そう思いました。

素顔はそれほどでもないんですが、化粧映えする顔ですね。

それも女優にとっては良いことかな、と。

映画二本

2013 年 7 月 21 日
銀座

iPhone4S

きのうは空が高くて、まるで秋の空のようでしたね。

このところ映画を立て続けに見ました。

一本目は、二十代の頃に読んだヘイエルダールの「コンティキ号の冒険」を映画化したもの。

二本目はきのう初日のジブリの「風立ちぬ」

映画を見ない時期が三十年ぐらいありましたが、この頃また映画を見るようになりました。

意識してそうしているわけではないんですが、何故か映画を見ない時代があったんですねえ。

映画の感想は言いません。

映画を見た

2013 年 5 月 7 日
隅田川堤防から清洲橋とスカイツリー

iPhone4S + Lightroom

昨日恵比寿の写真美術館で映画を見てきました。

「ハーブ & ドロシー」

郵便局員だったハーバートさんと図書館吏だったドロシーさんという夫婦が二人の給料のうち、ドロシーさんの給料で生活をし、ハーブさんの給料で美術品を買うという生活を結婚以来ずっと続けて、その4000点にも及ぶコレクションを最後には全米の50州の美術館に、50点ずつ寄贈するに至るドキュメントの第二弾。

人生には色々な形があるものですが、この二人の場合は極めて希な形だろうと思います。

コレクションした作品は現在では超有名作家になった人たちがたくさん含まれているにもかかわらず、彼等は一切のコレクションを売ることはしませんでした。

純粋に作品を楽しんだのです。

作家にさえも滅多に見られないスタンスです。

見終わったあと、気持ちが良いんです。

おいしい料理を適量食べたあとのような、心地よい気分で帰ってきました。

映画

2013 年 1 月 29 日

塀の中のジュリアスシーザー」を見てきました。

と、だけ言っておこう。