‘川柳、狂歌’

2011 年 9 月 7 日

人形町の猫

人形町に猫はたくさんいますが、わたしの所へ来るのはとうとうこの一匹だけになりました。
毛艶も悪く前年の冬は越せないんじゃないかと思っていたんですが、無事に冬を越して
この夏の暑さにも耐えて、がんばっています。

一日中寝ていますが、こんな風でも、紙の断裁やのおじさんが雀に餌をやるときに
一番気をつけているのが、こいつなんです。
いちど、捕られたことがあって、まだ俊敏さはあるみたいです。

うちの裏に、よそから大猫が侵出してきて、裏で暢気に暮らしていた猫はすべて他所へ行きました。
所がこいつだけは今まで通り暢気に暮らしています。
いじめられない理由は定かではありません。

猫嫌いがたくさんいる人形町に、猫好きも大勢いて、区のボランティアが猫の餌をおじさんとこへ運んでいることは 、猫好きだけが知っています。

うちの裏から追い出された猫たちはおじさんと新聞屋さんの所で休んでいます。
道を行く猫好きが声をかけますが、決して近づこうとしません。
小さいときに余程いじめられているんでしょう。

本当の意味で、野良猫です。

これの親たちは多いときは十数匹、裏で遊んでいたんですがねえ。
夕方になると断裁やのおじさんの猫釣りに付き合ったりしていたんですよ。
おじさんの投げるルアーに食いついて、おじさんに釣られるわけです。
おじさんがリールを巻いても放さないで、ある程度まではずるずる引きずられてきます。
で、1メートルぐらいまで引きずられてくると、パッとリールを放して、またおじさんの投げるのを待っています。
おじさん、猫と遊んでるんだか、猫に遊ばれてるんだか。

たった一匹の横暴な振る舞いで、そういう景色は見られなくなりました。

人の世と猫の世界とくらぶれば猫が良いやら人が良いやら

桜、サクラ、Sakura

2011 年 4 月 7 日

千鳥ヶ淵千鳥ヶ淵の桜です。
例年より人出が少ないのは「自粛」の影響でしょうか?

千鳥ヶ淵良かった点は、提灯がぶら下がっていないこと。青いビニールを敷いた宴会がないこと。人出がそこそこな事。
つまり、ブラブラ歩きながら花が見られるって事でしょうか。
酔っぱらいのだみ声が聞こえないのもけっこう。ただ、粋筋の姿が見えないのはややさみしいか。

各々がそれぞれに見る桜かな

暮れの25日

2010 年 12 月 26 日

銀座三州屋クリスマスと言ったって、銀座といったって、こんなわびしいところもあるんです。
並木通り店でなくもとの銀一裏。
お客もぱらぱら。さびしいもんでしたよ。

年の瀬や水の流れと一飲みはあしたまたルルその他カラオケ

とんだ罰当たりですが、いちおう本歌は赤穂義士の一人、大高源五の辞世
年の瀬や水の流れと人の身はあした待たるるその宝船

でした。
くだらない人生にも煩悶はあります。

おかげさまで

2010 年 10 月 29 日

most votes

おかげさまで、先日承認されたCOOLPHOTOBLOGSのPhotoblog Awards 2010で今週もっとも投票を得たサイトになりました。
最近のお気に入りに登録してくださる写真家などもあり、順調に票を伸ばしています。
今載せている位のクオリティーで今後も作品を作り続けるなら、トップテンも夢ではないと、秘かに期待しております。
ただ、デジタルになってから作品らしい作品を作っていない今の状況はうまくないので、早く何とかしたいと思っています。
何故デジタルで作品ができないのかと言いますと、ハイエンド機材を持っていない身としては、いったいどのあたりで、汎用品で恒久的な作品作りができるのか、見極めがつかなかったと言うことがあります。フィルム機材に較べて、もの凄く早いサイクルで機材の更新がすすむ状況ではどのあたりで、これならもう大丈夫という見極めをつけていいのか、見当がつかなかったのです。
ただ、現状ではもうほぼ吐きだす画像のクオリティーは高止まったような気がしますし、周辺機材も安定し、ソフトも充分洗練されてきたといえます。
外部環境は整った、ということでしょうか。
せっかく作っても、三四年で使い物にならないと烙印を押されるかも、と思いながらの制作は徒労のようでいまいちモチベーションが上がりませんでした。
今はソフトに習熟する時期、今は発表環境を整える時期、と思いながらの十年ほどでした。
それは、制作に対する強い欲求がないからだと叱られそうですが、それは確かにそうなのです。
わたしには、撮らなければならないもの、 撮らずにいられないもの、がありません。
かつてはあったんですが、今はそれがないんです。
作りたい気持ちはあって、作らずにいられないものがないというのは解決不能なジレンマですが、
そういう中での作品作りは、ほんの些細なアイデアがきっかけとなっていくことが多いんです。
今もアイデアはいくつかあります。
先ずそのあたりから、手をつけていこうと思います。

生きた日と残った日とを比ぶれば闇夜に道を問う心地   頑人坊

ベッタラ市

2010 年 10 月 19 日

ベッタラ市打ち合わせで岩本町まで。
歩いて行ったら、ベッタラ市の準備中。
打ち合わせ後に再びおなじ所を通って一枚。
寶田神社も椙森神社も用意万端、みたいです。
ベッタラ市は19日と20日の二日間、場所はググれば幾らでも出てきますが、日比谷線小伝馬町が寶田神社に一番近いかも。そこから人形町方面へ下っていけば、椙森神社があります。そうは言っても当日は二つの神社の間にズラーッと露店が並びますから、説明無しでわかります。わたしの子供時分は 「ぼろを着て行きなさい」て言われたもんです。露天商が通りすがりの人に大根をくっつけるからです。そうやって足を止め、ベッタラを売るわけです。だからベッタラ市にはおしゃれは禁物!
でも、ご安心を、今時の露天商はそんなことはしませんから。
ベッタラに限らず、露店がこの頃は皆お行儀が良くなって。
それはそれでいいんでしょうが、風情は消えましたよね。
わざわざ襤褸を着て縁日に行く、なんていいじゃないですか、ねえ。
そう思うのは、わたしだけ?

襤褸を着て暮れをむかえる夜寒かな  頑人坊

立ち食いそば屋が復活!

2010 年 10 月 6 日
立ち食い蕎麦

iPhone 3Gs

今年の一月に長年ひいき(笑)にしていた立ち食いそば屋が閉店した話を書きましたが、きょう両国の図書館から銀座へ向かうのに、靖国通りをとったら、なんと閉めているはずの蕎麦屋が開いているではありませんか。前のままです。ちょうど昼時だったので入ってみました。
嬉しいじゃありませんか、蒸しそばです。
正真正銘、蒸しそば 。ムニャムニャしていて、今時の立ち食いにある生そばまがいではありません。つゆも甘い。これです、これ。立ち食いそばはこうでなくっちゃあ。お客戻っています。天ぷらの種がぐっと減っていますが、わたしはそんないろいろ食べませんから、かきあげと春菊があればもう十分。

立ち食いごときでうんちく言うと、お里が知れますが、まあ皆さんが想像するとおりの里ですから、かまわないんですが。

ただ、経営は元の人ではありません。
元のお父さんどうしたんでしょうね?死んじゃったのかなあ? なにせ突然でしたからねえ、閉めるの。 ああいうとき働いていた人たち困っちゃうでしょうねえ。四十がらみのよく働くお兄さん、シルバーワークの初老の人、それに朝だけ中国人らしき若い婦人。それとだんなさん。あの三人どうしたろう? 人の心配する余裕はないんですが、気になります。

なにはともあれ、蒸しそばで甘いそばつゆの立ち食い復活は、わたくしにとっては喜ばしいことです。グルメに無縁の生活でも、食べる楽しみはあるもんです。たくあん一切れにもうんちくは言えば言えます。それもまた楽しい。

長屋の花見にくらぶればそれでも豪儀な立ち食い談義   頑人坊