‘未分類’

今後

2018 年 9 月 19 日

今後、私はわたしが改まったなと判断するまで「新潮45」に限らず、新潮社が発行するすべての書籍を購入することはもちろんのこと、読む事をも一切拒否します。

 

審判の笛は聞こえていましたか?

2018 年 5 月 23 日

花と蜂

重い質問でしたね。

会見を最初から最後まで見ました。

実に率直で良い青年でした。

そんな良い青年にあんなことさせる、あそこは教育機関では無いですね。

50年前も教育機関ではなかった。

大勢の学生がそれに抗議したんですが、50年経って、何も変わっていない事が露呈しました。

なんと長い空疎か。

空蝉

2017 年 7 月 28 日
空蝉

深川不動の空蝉

今朝、浜町公園の蝉の声を今年はじめて聞きました。

よそに比べると遅いようですね。

初春だ桜だと言っているうちにもう蝉の声です。

年をとると何故一年が短くなるのでしょう。

小学生の低学年の頃は一年は非常に長かった。

かつ様々なことが起きました。

それが、この頃は季節以外には変化のない一年が「あっ!」と言う間に過ぎていきます。

光陰は歳を重ねるごとに矢の如くなっていきます。

 

Okinawa

2017 年 2 月 13 日

沖縄

早速、沖縄から写真が送られてきました。

影の人物がAWZさんで写真の著作権者です。

登場の仕方オシャレ。

この畑を借りて兼業農家をするそうです。

雨の日は数学家、晴れた日は農家。

最も沖縄は一日に晴れと雨が来ますから、どうなんでしょう?

文字通り晴耕雨読の生活です。

羨ましいほどのゆとり、

腰を傷めないことを祈ります。

春は近いかも

2017 年 1 月 21 日

人形町

大分、ご無沙汰してしまいました。

膝の靭帯がようやく復調してきたと思ったら、今度は風邪に捕まり、一段と冷えてきた今日このごろに寒気しまくり。

そんなわけで外に出ないもんですから、写真が無い。

猫でもいればそれもなんとかなるんですが、スタジオ裏へ来る猫は今や一匹。

それも極めて愛想がないというか、こわがりでこの頃は夜しか姿を見せない始末。

しかも餌だけ食べるとそそくさと何処かへ行ってしまいます。

まあ、向こうにも色々事情はあるのでしょうから、それは仕方ないのですが、写真の材料がない。

今日はたまたま寒さを押して鳥近へ手羽先を買いに行ったもんですから、信号待ちでこの一枚。

スッキリと良い天気でした。

明日からまた荒れるそうです。

でも、もう梅の咲いている鉢がありました。

春は近いかも。。

外苑の黄葉

2016 年 11 月 28 日

神宮外苑

土曜日の外苑。

前日の雨と雪で、黄色の絨毯は濡れそぼって、台無し。

でも、まあ、キレイでした。

神宮外苑

この程度には絨毯も。

人がいなくて、のんびりといい感じでしょ。

写真は真実を写しません。