‘未分類’

コロナ休題

2020 年 6 月 19 日
シャプトン

シャプトンホームページより

やっと解除になりましたね。

人が来て成り立つ商売や、人を尋ねて成り立つ商売、現場に出て成立する職業など様々ご苦労されて居るようでここを乗り切るのは大変です。

そんな折、私めも外へ出られないので、スタジオで作品作りでもすればいいのですが、へっぽこ写真家はそう言う建設的な過ごし方ができずに映画見たり、Youtube探し回ったり、まことに非生産的な時間の過ごし方をしていました。

反省。

で、ふと思いついたのは、我が家にある刃物をこの際研いでみようかと思ったわけです。

刃物と言ったって父祖伝来の日本刀とかそんな立派なものはありません。

「木屋」とか「藤次郎」とか「関の孫六」とか「無名」とかの包丁類です。

ペティナイフとか牛刀とか出刃とか柳刃とか、釣りをしていたんで包丁はそれなりに持っています。

見れば鋼の包丁には錆が浮きステンレスの包丁は歯が欠け、惨憺たる有様です。

で、この際家にある全ての、と言っても10本程ですが包丁を研いでみようと思い立ちました。

私の包丁の研ぎ方を見て、昔友人から「バカじゃないの!」と叱責されたことがあります。

私、台所の流し台で水道の蛇口の下に砥石を置いて水をチョロチョロと流しながら研いでいたんです。

これを見てくだんの友達は「砥石ってのは刃物を研いで居る時に出る研ぎ汁で研ぐもんだよ。お前のように研ぐそばからその研ぎ汁を流したんでは一生かかっても刃がつかないよ」と笑われました。

そんなこと言ったって、砥石を買った時にそこの金物屋のおばさんに教えられた通りにやってるんですから、怒られたり馬鹿にされるのはちょっと納得がいきません。

私が砥石を買ったのは八丁堀の「直平」、古くからある本職相手の専門店です。

子供の頃は二の日に八丁堀に縁日が出たので、よく遊んだ場所です。

私の研ぎ方には私の使っている砥石に由来があります。

シャプトンの「刃の黒幕」という知らない方にはなんだか怪しげなネーミングの砥石なんですが、これの1500番。

刃こぼれ直したりするのにはダイヤモンド砥石の400番と1000番、これっきりです。

凝る人は更に5000、10000、30000と揃えたりするんですが、素人が台所で使う刃物に美術品級の美しさは求めませんから。

包丁研ぎって、手が汚れるんですよね、研ぎ汁が爪の間に入って、爪ブラシで少々こすったくらいじゃ落ちません。

ところがね、このシャプトンというセラミック砥石は水を流しながら研ぐんで、手が汚れないんですよ。

Youtubeで「研ぎ」で検索すると、この砥石が山ほど出て来て、みなさんこの砥石をほめているんですけど、ほぼ100パーセントの方が、先ほどわたしを叱った友達のように研ぎ汁を大事に研いでいます。

これが間違いではないんですが、手を汚したくないなら「シャプトン」で水を流しながら研ぎましょう。

ご参考までにシャプトンのホームページとYoutubeでの美しい映像をどうぞ。

追記  天然砥石をお使いなら、研ぎ汁を大切に。

 

I have a dream.

2020 年 6 月 8 日

このしろ

2019 年 7 月 9 日

隅田川

きのうのことです。

朝の散歩のとき、隅田川右岸の永代橋と清洲橋のあいだに「このしろ」とおぼしき魚が三十匹以上浮いていました。

他にも鯉のような草魚のような大型の魚も数匹、腹を見せて浮いていました。

その写真も撮ったのですが、iPhone7からイメージキャプチャー経由でLightroomへ取り込む際に、一枚を残して所在不明になりました。

私の環境はMaacbook Pro 2012 MidにHiSierraです。

この減少が時々起こります。

iPhoneでの撮影なので、重要度の低い写真だからとそのままにうっちゃっていますが、どうも剣呑です。

で、その魚の浮いている間に明らかに周りの色と違う水の塊がありました。

これが魚の浮いた現象といんねんがあるのか無いのかはわかりませんが、ちょっとやな感じです。

隅田川は結構シーバスがいるんです。

この川の下流域をテリトリーとする大野さんというプロのアングラーもいるほどです。

私の子供の頃は本当に汚くて臭くてまさにドブ川でしたが、オフクロに言わせれば「昔は白魚が捕れたし、泳いだこともあるよ」でした。

それが私が五十代に届く頃から再びハゼやスズキ、コノシロやその他かなりの魚が戻ってくるほどきれいになっていたんですが、どうなんでしょう。

今朝の散歩では浮いてる魚はコノシロ一匹だけでした。

嫌な色の水塊も見当たりませんでした。

強い風も吹かなかったし、上流から泥が大量に流れ込んだ様子もないし、ぜんたいなんだったんでしょう?

ウィーンはまだ6度だそうです

2019 年 4 月 15 日

ウィーンからまた写真が送られてきました。

彼の地はまだ6度くらいだそうですが、景色を見れば春の足音が聞こえてきそうです。

写真はすべてSchifteさんです。

 

ドンカン

2019 年 1 月 15 日

西新井大師

昨日、散歩がてら西新井大師へ行ってきました。

ついで参りはいけないと言われてるのに、散歩がてらとはなんと罰当たりな。

ついでに言わせていただくと西新井大師は相当に商魂たくましいお大師様とお見受けしました。

草だんご買って、日比谷にまわり、出光へ寄りました。

西新井大師へ行くのに人形町で日比谷線に乗ったとき出光美術館の「染付」展のポスターを見たからです。

染付展

これは良かったです。

入っていきなり一世紀の瓶(アラブ産)が置いてあったのですがこれが素晴らしいものでした。

あと染付は明時代の景徳鎮のものが多く日本のものは江戸のものでした。

日本もですが中国の昔の人は偉いもんです。

本当に素晴らしくて気品がある焼き物ばかりでした。

その後上野に戻って焼肉食べて帰ってきました。

 

そうしたらテレビのニュースで週刊SPAの「ヤレる—-」なんとか言う記事に件の女子学生らから抗議を受けて、はじめは言い訳をしていたそうですがそれに対してもあちこちから抗議を受けて、ついには謝罪したらしい。

その上で抗議を申し入れた女子学生らと面談を持ち、二時間以上意見を交換したそうです。

そしてSPAの編集長がその面談後に感想を述べているんですがこれが極めて鈍感。

「いろいろ気付かされることがあって参考になった、今後の取材、編集に活かしたい」だと。

この鈍感さこそが件の記事を書かせたんでしょうね。

本来、廃刊にするかどうか検討すべきほどの問題に、「今後に活かしたい」とは。

呆れて物が言えない、とはこういう事を言うんでしょうね、どうも馬鹿に付ける薬はない、ですね。

フジサンケイグループで短いとはいえ給料をもらっていた身としては、なんとも穴があったら入りたい気分です。

α7Ⅲ、α7R Ⅲの不具合報告は?

2018 年 12 月 3 日
明治座の銀杏並木

撮影のままでは見た目のイチョウと違うので、ちょっと色を盛ってます

 

今年の夏は異常でした。

もう日本には四季が失われてしまうのでは、と思わせるほど暑い夏でした。

正確にいえば夏になるまえに異常に暑い夏がいました。

ですが、現在明治座の前の銀杏並木はきれいに色づいています。

どうやら、冬は来ます。

そして早くも今年も師走。

年の終わり頃になると、怪我をすることが二年ばかり続いています。

一昨年は走りすぎて膝を壊し、復旧までおよそ10ヶ月。

それが治ってすぐ今年は自転車で立ちごけしそうになり、勢いよく踏ん張ったらかかとを痛めてそれは未だ継続中。

私の怪我は養生しながら放っておけばいずれは治るからまだいいんですが、このところ聞こえてくるSONYのα7シリーズの不具合は心配ですねえ。

わたしはα7R IIなので不具合の出たことはありませんがⅢの方は7も7Rにも出ているようです。

しかもネット情報によれば、不具合に対するSONYの対応が当初はあんまりいただけないようだったようで、事実とすれば残念です。

C社から割と早く機材変更をしたものとしては不具合とそれに対する木で鼻をくくったような態度は、ちょっと残念です。

書状は把握しているが、復旧は未定だそうです。

再び機材はN社に戻るのか?

そうなると一回りです、Nから始まりCに行き最後はSだったはずが、再びNなのか?

踵と機材が心配です。