artscape 飯沢耕太郎氏レビュー

2019 年 11 月 3 日

大日本印刷のWebマガジン「artscape」に過日のkanzangalleryにおける「路上の記憶」を見ていただいた

写真評論家の飯沢耕太郎氏によるレビュー記事が載っています。

その評論の概ねは作者の意図とたがわない文章となっておりますので、当展覧会に足をお運びいただいた諸姉、諸兄には

このレビューも合わせてお読みいただければありがたいのですが。

取り敢えずはお知らせまで。

https://artscape.jp/report/review/10158207_1735.html

ノーム

2019 年 10 月 30 日

濃霧

今朝は霧が出ましたね。

幕張のお天気カメラで見ると地上の雲海で素晴らしい景色でした。

フットワークのある人があれを8X10で撮っているんでしょうね、昔なら。

今は35mm型のデジカメでそれが撮れてしまいますから、機材の準備で盛り上げていった気合がどこかふんわりとしたものになって、そのまま撮影に向かってしまうのは私だけなんでしょうか。

段取りは複雑なほど、気合が入って行ったことが今頃になって分かるのは凡てことですよね。

こんな展覧会です

2019 年 9 月 22 日

IMG_4024

ざっとこんな感じです。

会期末まで残り一週間となりましたが、なんと会期が10月13日まで延長となりました。

忙しくて時間の取れなかった方々、どうぞ宜しくお願い致します。

ただし本来の会期9月29日以降は毎日ギャラリーに詰めていることができません。

私に用事のある方は事前に来廊予定日と時間をお知らせくだされば、在廊するように致しますので、宜しくお願い致します。

展覧会のお知らせ

2019 年 8 月 14 日

 

来月、9月7日より東神田の「kanzan gallery」で展覧会を開くことになりました。

撮影から50年、机の引き出しの奥深くしまいこまれていたネガが日の目を見ることになりました。

スタジオD21の中田さんの強いおすすめにより実現しました。

展示写真数は300点。

説明も解説もありませんがただ写真を見ていただければ、と思っています。

会期中はできるだけ在廊しているつもりですので、お越しの際は声をかけてください。

とても、皆様すべてに案内をお送りすることはできかねますので、安易ではございますがこの場を借りてご案内いたします。

 

告知

展覧会告知

このしろ

2019 年 7 月 9 日

隅田川

きのうのことです。

朝の散歩のとき、隅田川右岸の永代橋と清洲橋のあいだに「このしろ」とおぼしき魚が三十匹以上浮いていました。

他にも鯉のような草魚のような大型の魚も数匹、腹を見せて浮いていました。

その写真も撮ったのですが、iPhone7からイメージキャプチャー経由でLightroomへ取り込む際に、一枚を残して所在不明になりました。

私の環境はMaacbook Pro 2012 MidにHiSierraです。

この減少が時々起こります。

iPhoneでの撮影なので、重要度の低い写真だからとそのままにうっちゃっていますが、どうも剣呑です。

で、その魚の浮いている間に明らかに周りの色と違う水の塊がありました。

これが魚の浮いた現象といんねんがあるのか無いのかはわかりませんが、ちょっとやな感じです。

隅田川は結構シーバスがいるんです。

この川の下流域をテリトリーとする大野さんというプロのアングラーもいるほどです。

私の子供の頃は本当に汚くて臭くてまさにドブ川でしたが、オフクロに言わせれば「昔は白魚が捕れたし、泳いだこともあるよ」でした。

それが私が五十代に届く頃から再びハゼやスズキ、コノシロやその他かなりの魚が戻ってくるほどきれいになっていたんですが、どうなんでしょう。

今朝の散歩では浮いてる魚はコノシロ一匹だけでした。

嫌な色の水塊も見当たりませんでした。

強い風も吹かなかったし、上流から泥が大量に流れ込んだ様子もないし、ぜんたいなんだったんでしょう?

今度はわかりやすい

2019 年 6 月 3 日

スパムメール

こんなメールが来ました。

これはわかりやすいですね。

差出人のアドレスだけで偽メールだとわかりますが、この部分を画像にしている詐欺メールがあるのでご注意!

本来は開かずに削除、が正しい対処の仕方なんでしょうね。

目が覚めきらない朝にはご注意。