2021 Calendar

2020 年 11 月 7 日

2021 Calendar

もうカレンダーもやめようかと思いつつ、「今年はまだですか」なんて言われると、ついつい頑張ってしまいます。

1989年ゴルバチョフのソ連です。

この年にソビエト連邦が崩壊し、ベルリンの壁が崩れたのです。

ソビエトの人々、と言ってもモスクワとレニングラード(現在のペテルスブルグ)の人たちだけしか見ていませんが、そのシャイで控えめで親切な人柄にとても好印象を覚えた記憶があります。

同時にそこに住む人と政治とがこれほど乖離しているなんて、という感想をも持ちました。

トランプを見ていると、あの国のほぼ半分の人は彼を支持しているんだと、驚かされますが、会えばまた違う印象を受けるんでしょうか。

私の知っているアメリカ人は優しい人と権威主義的な人と両方います。

結局、それぞれなんでしょうかね、人は。

例によって、誤植、間違い等見つけられた方はご面倒でもおしらせください。

展覧会を終えて

2020 年 11 月 5 日

ボトル

NICHE GALLERYでの展覧会が終わりました。

大勢の方においでいただき、ありがとうございました。

ギャラリーにはたいそう気に入って頂き、数年間は毎年開催したいとの意向を示されました。

それがどういう事か、ちょっと判断のつかないことではありますが、そう言って頂ける事は大変ありがたいことなので、請われれば応じることに決めています。

来年、再来年と時日が決まれば、この場でお知らせします。

兎にも角にも、コロナのさなかにお越しいただき、大変ありがとうございました。

写真はお天気の良い日の清澄公園で遊んでいる園児たちの魔法瓶の列です。

まとめないで、一列に置いたのには何か訳があるのでしょうか?

 

展覧会のお知らせ

2020 年 10 月 7 日

展覧会案内

展覧会の案内状が出来てきました。

会期は短くて、10月19日から24日までの6日間です。

場所は銀座3−3−12のNICHE GALLERYです。

銀座通りから入るとAPPLE Storeの横の道を数寄屋橋方面へ向かって折れて、しばらく来たところの右側です。

二階で、入り口がわかりずらいんですけど、よろしくお願いいたします。

ギャラリーの案内というか、ステートメントというか、それが届いてから、封筒貼りの内職をして、投函します。

昨年KANZAN Galleryにお越し頂いた方々にはご案内を差し上げますので、もうしばらくお待ちください。

他のものもやりたいんですが、まだまとまりません。

新しい作品も構想はあるんですが、まだ手がついていません。

何しろ貧乏生活で、取材費をひねり出すのが大変です。

協会に入っていれば、出版社に掛け合うこともできるんですが、若いときに否定した自分への義理がありますから、あらゆる団体には加盟しません。

生涯、ただ一人野に居て発表を続ける道を選んだのですから、そこは痩せ我慢で通します。

老いの一徹、岩を通すことは無理でも豆腐ぐらいなら突き通せるかと、、、

コロナで大変な時期ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

展覧会も正式に決まりました

2020 年 9 月 15 日

スタジオで写真整理

お願いしていたプリントがプリント屋さんから送られてきました。

St.D21の中田さんに紹介してもらったプリント屋さん、前回の大伸ばしもお願いしたんですが、今回は大伸ばしだけでなくA3ノビのプリントもお願いしたので、自分でのプリント作業が無く、相当気楽なものでした。

A3ノビに余白付きでお願いしたら、絵面がA3ノビで余白サービスみたいになっていました。

ありがたいことです。

で、今余白を1センチに揃えているところです。

大伸ばしの方は前回同様断ち切りで余白なし。

ギャラリーで見ているとそうでもなかったんですが、私の狭いスタジオに運ばれてくると、長辺1800ミリと言うのは、相当でかい。

まあ、いい感じです。

10月、まだコロナは収束していないでしょうが、お時間とっていただけると風間は大喜びでございます。

どうぞ、よろしくお願いをいたします。

告知はまた改めて。。。

これ何 ? 再び

2020 年 9 月 14 日

アオサギ

なんとも、ひと月半ほど放置してしまった「半畳記」ですが、コロナに怯えて引きこもっていたわけではなく結構人並みに外へも出たり、色々動き回ってはいたんですが、なんの代わり映えもしない生活で「半畳記」にあげるタネがなかったのです。

昨日も散歩ついでに、隅田川に架かる東武電車の鉄橋に人が歩けるところができた言うので、早速行って歩いてきました。

物好きは、私以外にも結構いてわりと人出でした。

ところで、このアオサギとおぼしき鳥なんですが用心深くて、普段は人との安全距離を相当取るんですが、この日はわりと近くまで近付いても逃げようとしませんでした。

このあともう少し近づくと、逃げる体勢をとったのですが飛ぶわけでもなく、妙だなと思ってよく見ると、「これ何?」でした。

見にくいので、少しトリミングして見ます。

アオサギ

飛び立ちそうにも見えますが、飛ぶわけではない。

見方を変えれば、いきんでいるようにも見える。

そう言えば足が3本にも見える。

鳥がこんなウンチする?

何か刺さっているんだろうか?

写真好きそうなご婦人がカメラ構えて、結構大胆に近ずいて行ったので、このあと飛び去りましたが、なんなんでしょう?

しょうがいがあります

2020 年 7 月 31 日

 しょうがいか(が)あります

○2500えんは ふうとうにいれれます

×おかねのけいさんはできません

○1たい1ではおはなしできます

×ひとがたくさんいるとこわくてにげたくなります

○となりにかいらんをまわすことはできます

○ひととあったらあたまをさげることはできます

×いぬとかねこはにがてです

×ごみのぶんべつができません

○自てんしゃにはのれます

○せんたくはできます ほすこともできます

○どこでもすーぱーこんびにはかいものできます

○くやくしょびょういんにはいけます

×かんじやかたかなはにがてです

 

亡くなられたある方が書けと言われて、自らを分析して書いた文章です

美しい文章です。

書かせた側の残酷さを超えて、美しい。