ヨーグルト

2022 年 5 月 10 日

ヨーグルト

毎朝食べるヨーグルトは自家製です。

もう何十年も前になりますが、今は沖縄に住むAWZさんからもらったカスピ海ヨーグルトの種菌でこさえたのが始まり。

自分でもよく続くなあと思うんですが、いまだにヨーグルトは自分で作って、自分で食べます。

上にかかっている赤いものも自分でこしらえた苺のコンポート、もう少し煮詰めればジャムになるんですが、それがめんどくさい。

まあ、ヨーグルトにかけるならこのくらいの方がいい感じ。

何でも長続きしない自分なのに、これだけは続いています。

あと6月になると清澄公園に山桃が実ります。

こいつもジャムに仕立てます。

種ばかりでめんどくさいんですが、不思議にこれもよく作ります。

六波羅蜜寺

2022 年 4 月 27 日

何だか久しぶりに展覧会へ行ってきました。

国博の特別展で空也上人像見てきました。

本家の西光寺で見る場合は背中が見られない、と宣伝されているやつです。

ですから背中も見てきましたよ。

どうということもない背中でしたけど。

こちらは一切撮影禁止なので、常設の方でミイラとか色々撮ってきました。

禁止と言われても、若い時は撮っていたんですけど歳をとって、人の言うことをちゃんと聞くようになりました。

進歩したんでしょうか? 日和ってきたんでしょうか?

気色ばって写真を撮っていた時期があったことは確かですが。

時間を区切っての予約制なので、人の頭しか見えないなどと言うことはありませんでした。

おすすめです。

 

 

 

ウイーンに春の花

2022 年 4 月 19 日

SakuraTulip, muscari
Wild strawberry (ichigo) Sakura Ume (Plum) Yonashi Ringo (mada mada)

ウィーンのSchifteさんからウィーンの今咲く花の写真がたくさん送られてきました。

春に一斉に咲き出すのは毎年のことでありながら、不思議だなあと思います。

星を見ると天文学者になればよかったなあと思い、草花を見ると牧野富太郎になれば良かったのに、と思い
魚を釣ると「さかなクン」を思い出す、気楽な人生でここまで来ました。

そんな呑気なことでここまで生きて来られたのは、非常に稀有で幸せなことだったのだとこの頃はひとしお思います。

あとは二葉亭四迷のように「この世をばどりゃお暇に線香の煙とともにはいさようなら」と行けば最高ですね。

散る桜

2022 年 4 月 1 日

散る桜残る桜も散る桜

桜

桜

ふるい古い知り合いの画家が91歳になったこの春、展覧会を開いているので行ってきました。

みんないずれは散るのですが、せめて咲いている間は、、、

桜は散っても美しい

ですね。

更に桜

2022 年 3 月 31 日

桜

今日の浜町公園の桜です。

すでに散り始めていますから、ひと吹き強い風が吹けば終わるのでしょう。

代わりにイチョウの新芽が顔を出してきました。

毎年変わらない穏やかな変化が毎年訪れてくることが、幸せなのだと今年はひとしお感じます。

 

東京も満開?

2022 年 3 月 28 日

桜深川の桜

桜人形町の桜

桜墨堤の桜

昨年は膝の怪我のせいで桜を見ることができなかったのですが、今年はご覧の通り。

今日の桜、一気見です。

月曜日なのに浅草の人出はすごかったです。

そんなに緩めて大丈夫?

ま、私もそのひとりなんですけど。

ただ、屋台が出ていない墨堤はのんびりとして良かったです。

谷中の墓地みたいに、上野も浅草も千鳥ヶ淵も桜の咲いてるあいだ屋台禁止、て訳にはいかないんでしょうねえ。